山歩きの記録+etc
 
近畿の山歩きやウォーキングの記録
 


No.14高安山駅_十三峠_夫婦岩_暗峠_南生駒駅

十三峠の石仏 平群町福貴畑(へぐりちょうふきはた)

十三街道は、八尾市神立(こうだち)と平群町を結ぶ道筋で、近世には大坂から伊勢参宮のルートとしても賑わった。
その峠には旅人の安全を願って福貴畑(ふきはた)の村人により立てられた地蔵石仏(明和2年:1765)があり、街道の道標(元禄2年:1689)や松尾寺への道しるべも並んでいる。
峠の北側には名称の起こりとなった十三塚があり、重要文化財に指定されている。
このルートは「業平道」(なりひらみち)とも呼ばれ、平安初期の歌人で六歌仙の一人、在原業平が天理より神立の女性の元に通った道ともいわれる。
平群町では、中部コース「十三街道」と業平ロマンの道」の愛称で案内板を整備している。



中央が道標石。
左が地蔵菩薩立像。



道標石は一部欠けている。
また、二つに割れているようだ。



ライトアップにより文字の一部が読めた。
「右 た×田」。
“た×田”は“竜田”だろうか。



地蔵菩薩立像。
まるで汚れた雑巾が掛けてあるように見えてしまう。

つづく。



Oct.14(Thu)05:00 | Trackback(0) | Comment(0) | 山歩き | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)