山歩きの記録+etc
 
近畿の山歩きやウォーキングの記録
 


Show by Nov/15/2021

鄧麗君 在水一方

鄧麗君 在水一方を視聴してみよう。
テレサ・テン

1980-06 在水一方
1.春在歲歲年年 曲:平尾昌晃 原曲:Four Seasons
2.奈何 曲:李達濤
3.伊人何處 曲:吉田佐 原曲:中の島ブルース
4.告訴你告訴我 曲:Edwards-Pober
5.心事知多少 曲:中村泰士 原曲:大阪の女
6.你怎麼說 曲:司馬亮
7.在水一方 曲:林家慶
8.小小的秘密 曲:なかにし礼 原曲:時には娼婦のように
9.星月淚痕 曲:遠藤實 原曲:星影のワルツ
10.三願(艷紅小曲) 曲:湯尼(電影《源》主題曲)
11.媽媽呼喚你 曲:三木たかし 原曲:あざやかな場面
12.讓心兒圈起你 曲:中村泰士 原曲:渚にて


【参考】
鄧麗君(邓丽君) LP黑胶唱片 15周年
http://okanara6310843.btblog.jp/cm/kulSc64wr60E7FEC9/1/
鄧麗君之歌 又見炊煙
http://okanara6310843.btblog.jp/cm/kulSc63V760E02289/1/
小村之戀 鄧麗君專輯
http://okanara6310843.btblog.jp/cm/kulSc63nM60D041C4/1/
鄧麗君 雲深情也深 夏季返台專輯
http://okanara6310843.btblog.jp/cm/kulSc637R60C071BB/1/
鄧麗君 暢銷歌曲 第一集
http://okanara6310843.btblog.jp/cm/kulSc63c660B493A6/1/
鄧麗君 南海姑娘
http://okanara6310843.btblog.jp/cm/kulSc63nf60925322/1/
鄧麗君 Teresa Teng
http://okanara6310843.btblog.jp/cm/kulSc63C66072AAC8/1/
鄧麗君 路邊的野花不要採 ★一部再生不可
http://okanara6310843.btblog.jp/cm/kulSc5cNB5B0BFDE7/1/



Oct.15(Fri)17:12 | Trackback(0) | Comment(0) | 音楽 | Admin

No.17高安山駅_十三峠_夫婦岩_暗峠_南生駒駅

十三峠に立つ道標。
直進(西)は、みずのみ園地 芝生展望広場0.2km、水呑地蔵尊0.5km。
右(北)は、みずのみ園地駐車場0.1km、お手洗い0.1km。
この道標はどちらかと云えば、クルマ利用者向け。



こちらの道標はハイカー向け。
コースは鳴川峠を経て生駒山上方面へ向かう。



参加者の某女性から、恒例?の冷えたパインを頂く。
冷たくて甘くて美味しい。



「生駒十三峠の十三塚」説明板。
重要有形民俗文化財に指定されている。

生駒十三峠の十三塚
大和国と河内国の国境、奈良県生駒郡平群町と大阪府八尾市神立にまたがって所在する。
河内より大和竜田・法隆寺へ抜ける十三街道のすぐ北側に南北に十三の塚が並んでいる。
すでに江戸中期に広く知られた代表的な十三塚で、庶民信仰の様相を示すものとして重要であり、完存する十三塚として昭和六一年三月三一日重文指定を受けた。
塚列は計画的に築かれており、標高四三八mの最高所に親塚を築き、南北九〇mの範囲に六基ずつの小塚を配している。
平群町教育委員会



十三塚は過去に何回か訪問しているので今回はスルー。

つづく。



Oct.15(Fri)05:15 | Trackback(0) | Comment(0) | 山歩き | Admin

No.16高安山駅_十三峠_夫婦岩_暗峠_南生駒駅

暫く進むと左下に舗装道路が現れる。

この辺り下草が生い茂り少し歩き難い。



この後舗装道路に降り立ち左折する。


舗装道路は平群町福貴畑から十三峠を経て八尾市神立へ通じている。


信貴生駒スカイラインのトンネルを潜る。


トンネルを抜けた大阪側からは大阪方面の眺望が望める。
ここで小休止。

つづく。



Oct.15(Fri)05:11 | Trackback(0) | Comment(0) | 山歩き | Admin

No.15高安山駅_十三峠_夫婦岩_暗峠_南生駒駅

右肩に「明和」の銘が浮かび上がった。


錫杖の頭部をライトアップ。


松尾道(寺)を示す道標。
下部に寄進者(関係者を含む)らしき複数の人名が彫られていた。



比較的新しいようだ。


十三峠の石仏・道標を後にする。
引き続きスカイラインに沿って続く道を歩く。

つづく。



Oct.15(Fri)05:08 | Trackback(0) | Comment(0) | 山歩き | Admin


(1/1page)