山歩きの記録+etc
 
近畿の山歩きやウォーキングの記録
 

新しい順に表示

銀峰_雌岳_原岳_麻呂子山_馬の背

2019年1月13日(日)は、山を登る会の第1,024回例会に単独で参加した。
山域は金剛山地北部。

<概要>
Sさんから当日の朝、参加する旨メールがあったがPCに入っていた。
時間の関係でPCメールをチェック出来ず参加されることを知らなかった。
スタート時点でN氏、Yo氏、Yさん、Iさんと出会った。
Iさんは昼食後、馬の背に登り返さずに当麻寺駅へゴールの予定と聞いた。

この日の山行に参加した目当ては原岳の先、當麻山口神社への分岐から麻呂子山~當麻寺へのルートを歩くこと。
単独では難度が高いと思っていたが、実際に歩いてみると当たらずとも遠からずで、単独での踏襲は難しかったと思う。
もっとも、今はGPSがあるので迷ってもすぐにわかり、ルートを修正することは可能だが。

そして、この日の目玉はもう一つ。
それは出発時のコース説明で知った。
一旦、傘堂へ下山してから、再び別のルート(祐泉寺~馬の背)で登り返すという“一粒で二度美味しい”欲張りなコース設定となっていたこと。
歩き足りない人向けに距離を稼ぐ為だが、山を登る会らしいコース設定に納得。

<コース>
9:06近鉄大阪線二上駅9:47_近鉄南大阪線二上山駅前_春日神社_R165に架かる跨道橋を横断_二上山上ノ池横登山口案内板(現在地から各地までの距離:時間 1.雄岳山頂 約2.4km 約1時間 2.雌岳山頂 約3.2km 約1時間20分)_説明板(畑城(岡城)跡)_注意板(馬の背のトイレは故障中の為使用不可)_分岐を右へ(左は雄岳山頂へのトラバース道)_分岐を左へ・道標(銀峰→)_銀峰396m_左分岐(通行不可)を見送り直進_出逢いの広場・眺望_雄岳分岐を左に見送り雌岳方面へ右折_馬の背・祐泉寺分岐を左に見送り雌岳へ直進・トイレ(使用禁止)_二上山 雌岳(473.88mm 三等三角点 点名:女岳)_岩屋峠方面へ_岩屋峠でダイトレ・岩屋方面を右に見送り竹内峠方面へ直進_分岐で竹内峠方面直進を見送り原岳・麻呂子山方面へ左折_原岳375m・よりみちひろば_當麻山口神社方面左折を見送り麻呂子山方面へ直進_分岐で麻呂子展望台をピストン_展望地_四等三角点 215.38m 点名:皿ケ谷 ピストン所要2分_分岐で當麻寺ウラ 奥ノ院(河川公園)を左に見送り直進_麻呂子山213m_分岐を左へ_三叉路で原岳方面直進を見送り當麻寺方面へ右折_作業小屋_廃屋_注意板(私有地につき立ち入りを禁止じます 管理者)_廃屋_當麻寺 奥院鐘楼門前_石人像_トイレ_12:17當麻健民運動場横公園・昼食12:42_傘堂_大池_鳥谷口古墳前_大龍寺前_南良池_岩屋峠をへて二上山雄岳分岐を左に見送り祐泉寺方面へ右折_祐泉寺前_祠(石仏)_祐泉寺尾根方面を左に見送り小川に沿って直進_馬の背・トイレ・小休止_雄岳山腹トラバース道取り付き_分岐を左へ_雄岳山頂を左に見送り二上山駅 二上神社口駅方面へ右折_ベンチ_分岐で二上神社口駅方面 1.2kmを右に見送り二上山駅方面 2.0km方面へ左折_ベンチ_道標(雄岳六合目)_道標(二上山駅1.5km)_案内板(二上山線歩道 案内図)_二上山上ノ池横登山口案内板_<以下往路と同じ道を二上駅まで歩く>_二上山駅前_14:31二上駅14:39

<メモ>
・参加者: 112名。
・リーダー: T氏
・コース (二上駅~二上駅)
 歩行距離: 約14.2km。
 所要時間: 5時間2分。
・当日 (自宅~自宅)
 歩行距離: 約18.5km。
 歩行時間: 4時間23分。
 歩数: 2万8千歩。

画像は二上駅を起点に二上山を周回したコースのGPSログを表示。



出逢いの広場から大阪平野の眺望。
この日は生憎曇り。
PLの塔が見えた。
六甲山地は霞んで見通せず。



四等三角点 点名:皿ケ谷の手前、展望地よりの眺め。

画像ほぼ中央に池のように見えるのは當麻健民運動場。
下山後、この運動場の南東角の公園で昼食した。



麻呂子山山頂213m、展望なし。


原岳・二上山からマロコ山頂を経てクリーンセンター分岐を右に見送り、現在地に居る。
この後、右折して当麻寺へ向かう。

おしまい。



1月21日(月)19:23 | トラックバック(0) | コメント(0) | 山歩き | 管理

(続)尼ヶ辻・学園前コース

2019年1月11日(金)は、前日に歩いた尼ヶ辻・学園前コースの続きを歩いた。

<概要>
昨日は五条畑2丁目でR308に出合ってからコースを外れたので、この日はここからスタートした。
ゴールは近鉄橿原線尼ヶ辻駅だが、実際に歩いた区間はスタート、ゴール共に自宅。

R308から離れ五条畑一丁目方向へ歩く。
すぐに五条畑一丁目第1号街区公園が現れる。
これを左に見て歩く。
左右に住宅が続きほぼ平坦な道を歩く。
途中、右側に「手作りパンの店エーデル」というお店があったが廃業した様子。

公園から五つ目の交差点の手前右(南)に「肉の大島」という店がある。
交差点を渡って突き当たりを右に少し歩いてすぐに左折(東)する。
更に一つ目の交差点を左折(北)。ここも住宅地の中を歩く。

突き当たりを道なりに右折(東)。
三叉路かと思ったが、そうではなく左は行止り。

暫く歩いて突き当たって、道なりに左折。(北)
正面に平松三丁目街区公園が現れ、これを左に見て歩く。

道なりに北へ歩くと三叉路となり正面に県立奈良病院跡がある。
県立奈良病院は、現在、奈良県総合医療センターとして生まれ変わり、場所を変えて運営されている。
跡地の建物はまだ撤去されていない。

県立奈良病院の駐車場跡地を左に見て引き続き東へ歩く。
北東方向に広大な森が見え、垂仁(すいにん)天皇陵が近い。

道は北へ向いて通じており、右手(東)に皇大(こうたい)神社が現れ、境内で小休止した。
皇大神社を後にして北へ向かう。

途中、玄関先に「垂仁」の表札が掛かった民家があって、何度も確認したが「垂仁」に違いなかった。
垂仁天皇の御子孫?
撮影はしなかったが、Google マップのストリートビューで見ることが出来る。
2017年4月に撮影されたストリートビューでは、青いクルマが駐車されている北隣のお家だ。
MGRSコードは、53SNU 71376 37831

やがて、垂仁天皇陵を右に見て歩くようになり、R308に合流し東へ歩くとゴールの尼ヶ辻駅に到着した。

<メモ>
・実歩行 (自宅~自宅 神社拝観 信号待ち時間等不含)
 距離: 約7.9km。
 時間: 1時間39分。11,801歩×0.67m=7,906m
 歩数: 1万2千歩。

画像はスタート地点の五条畑2丁目R308出合いから、近鉄橿原線尼ヶ辻駅まで歩いたコースを青色線で表示している。

尚、今回は国土地図のGPSログはない。
この日、自宅を出発しょうとして、国土地図のアプリを起動させたら、無料で使用出来る回数(10回)に達したので、以後はアプリを購入する画面が表示された。

出発間際だったので、詳細を確認せず。
帰宅してから、改めて購入手続きを済ませた。
課金は一回きりで、税込648円。
このアプリは重宝しているので、購入するだけの価値は十分にある。
648円は格安だと思う。昼食代にもならない。



前回と同じ奈良市が発行している「奈良ウォーキングマップ 其の参」③阪奈道路横断 尼ヶ辻・学園前コースの地図。

おしまい。



1月20日(日)19:19 | トラックバック(0) | コメント(0) | ウォーキング・散策 | 管理

尼ヶ辻・学園前コース

2019年1月10日(木)は、買い物ついでに自宅付近をウォーキングした。
北風が吹き、小雪が舞う寒さだったが、歩いていると体がポカポカしてくる。

<概要>
運動不足の解消が目当てで、元旦から自宅近辺をウォーキングしている。
下記は元旦から9日迄の歩いた記録。★=自宅近辺

★1月1日(火) 菖蒲上池近辺 4.9km 1時間15分
★1月2日(水) (疋田町)三輪神社近辺 3.2km 43分
・1月3日(木) 箕面山_六個山_五月山_ひょうたん島コース 山を登る会 16.9km 3時間54分
★1月4日(金) 大渕池公園近辺 8.1km 1時間38分
・1月6日(日) 竹内街道(古市~大泉緑地) おおばこの会 20.8km 4時間48分
★1月8日(火) 大渕池公園近辺 5.5km 58分
★1月9日(水) 秋篠寺近辺 7.3km 1時間31分

この日歩いたコースは、

★1月10日(木) 尼ヶ辻・学園前コース 8.9km 1時間50分

奈良市が発行している「奈良ウォーキングマップ 其の参」を参考にした。
小冊子に案内されているコースの一つ、③阪奈道路横断 尼ヶ辻・学園前コースをベースにして自宅から歩いた。

ウォーキングマップでは近鉄奈良線学園前駅南口がゴールとなっているが、逆コースを歩いたのでここがスタート。
自宅から学園前駅までは通い慣れた道。

学園前駅から旧道と思われる道をほぼ一直線に南へ歩く。
この道は駅の南西にある二つの溜池、こうの上池とこうの下池から流れ出る杣川(そまがわ)に沿って続いている。
なので、学園前駅からは緩やかな下り道となる。

道に迷うことはないが、藤ノ木台の住宅地に入るまでには、チェックポイントが幾つかある。
まずは駅前に聳えるビル、奈良市西部会館。(奈良市役所 西部出長所)
その左(南)に帝塚山学園のビルが並ぶ。

学園南保育園、奈良キリスト教会と続く。
この辺り、学園前の駅前とは思えないほど長閑な光景で、田んぼや畑が広がっている。
学園前駅近辺では、唯一、開発がなされていない地域。
旧家が並んでおり、土地を手放さないのだろう。

学園前ネオポリス幼稚園を右に見て、奈良西警察署北側から富雄駅へ通じる車道を横断すると住宅が多くなる。
奈良学園大和(だいわ)郵便局を右に見て、だいわ通りを横断すると、右手に学園大和第3号街区公園が現れる。
やがて、前方に阪奈道路の高架が現れ、高架下を潜り抜けるが、高架下の部分は歩道がなく、おまけに道路幅が狭くなっている。

高架下のトンネルを抜けると左手に富雄南中学校が現れる。
右手は高台になっていて、高台には千代ヶ丘の住宅地があるようだ。
杣川沿いからは住宅地は見えない。

杣川は奈良市中町の第二船場橋付近で富雄川左岸に注ぐが、コースはその手前を左折(東)して藤ノ木台の住宅地の中を歩く。
藤ノ木台への取り付き付近は急な登り坂だが、藤ノ木台第3号児童公園あたりから先は坂道を下る。

学園前インター南から中町方面へ通じる車道を横断してすぐを右折(南)。
藤ノ木台第4号児童公園を右手に見ながら東方向へ歩く。

菅野台方面から通じる車道をジグザグに横断すると、東坂集会所が現れる。
このあたりの住所は奈良市中町だが、東坂というのは旧称なのだろう。
暫く旧家の前に続く道を歩き、右手に東坂下池を眺めながら、池をほぼ半周する。
東坂下池の南側にはR308が通じていて、この道は時々クルマで走ることがあるが、まったく違う風景に見えてしまう。

右手に東坂第二集会所を過ぎると、第二阪奈有料道路の高架下のトンネルを潜る。
このトンネルは歩行者専用でクルマの通行不可。

暫く五条畑(ごじょうばた)の住宅地の中を歩き、きたでんき店前の角地でR308に合流し左折。
すぐに分岐となる。
コースはR308を横断して五条畑一丁目方面へと続いているが、この日は買い物があったので、R308をそのまま歩く。

珈琲羅房を右に見遣り、歩道のない狭いR308をクルマに注意しながら北東へ向かう。
瓢箪池、新池を左に見ると、建設途上の大和中央道に出合う。
これを阪奈道路阪奈宝来交差点に向かって北へ歩く。

買い物をした店は、サンディ奈良宝来店。
この店のすぐ東側に、同じようなスーパー「スーパーセンタートライアル」があるが、この日は立ち寄らず。

阪奈道路の高架下を横断し、奈良菅原簡易郵便局前を西へ歩いて帰路に着いた。

<メモ>
・コース歩行 (自宅~自宅 買い物時間等を含む)
 距離: 約8.9km。
 時間: 1時間50分。
・実歩行 (自宅~自宅 買い物時間等不含)
 距離: 約8.3km。12,421歩×0.67m=8,322m
 時間: 1時間42分。
 歩数: 1万2千歩。

画像は自宅から時計回りと逆に歩いたGPSログを表示。



奈良市が発行している「奈良ウォーキングマップ 其の参」③阪奈道路横断 尼ヶ辻・学園前コースの地図。


1月19日(土)18:17 | トラックバック(0) | コメント(0) | ウォーキング・散策 | 管理

(続々)竹内街道(古市~大泉緑地)

東除川(ひがしよけがわ)に架かる旧伊勢橋の欄干。
「伊勢の橋/伊せはし/昭和六年三月架設」。



竹内街道に立つ道標。
「左 ふちゐ寺 上太子 やまと 道 / 右 さやま かうや 左 ひらの 大坂 道 / 寛政九年丁巳五月 いせこう中」。
松原市岡4丁目にて。



松原南コミュニティセンター前に立つ道標。
「右 ひらの 大坂 道 / 左 さやま 三日市 かうや 道 / 左 さ可い 道 / 寛政九年丁巳五月 いせこう中」。



(野遠)八坂神社境内に立つ説明板。

心のわがまち

戦国時代までの内乱が続き各地が戦場と化したその後、江戸時代は平和となり河内平野に、綿栽培がさかんとなり河内綿が有名となる。
交通の要所は竹内街道(堺)市之町西を起点に榎、金岡、野遠町を通り、竹内峠(奈良)に至る。
当地、八坂神社産土神として、須佐鳴之命(すさのをのみこと)を祀り明治四十一年四月二十三日金岡神社(かなおかじんじゃ)に合併(合祀)され、社伝については明らかではない。
終戦後昭和二十一年地元の有志の方のご寄進に依り、金岡神社より祭神を迎え現在の神殿に祀られている。
旧名 大阪府南河内郡北八丁村大字野遠町字森山。

おしまい。



1月18日(金)18:22 | トラックバック(0) | コメント(0) | ウォーキング・散策 | 管理

(続)竹内街道(古市~大泉緑地)

八臂辨財天。
野中寺境内にて。



史跡 野中寺旧伽藍跡

当寺の創立は蘇我大臣といい、また聖徳太子建立四十六院の一とも称するところから、叡福寺の「上の太子」将軍寺の「下の太子」に対し「中の太子」と俗称せられている。
所在地の旧郷名が野中郷であってその地名による俗名を野中寺といい『日本霊異記』には野中堂と記している。
また正倉院文書によれば当郷は百済系渡来系氏族船史のちの船連の本貫であったから、その氏寺であったことが察せられる。
その創立年代は境内出土屋瓦から飛鳥時代にあることが考えられる。
境域には良く旧伽藍跡の土壇および礎石配列を止めるか対向する東の金堂と西の塔婆とを中心とするものでその伽藍配置は野中寺式とでも称すべき特色あるもおである。
なかんずく塔跡の刹柱礎石は刹柱の四柱座の周囲三方に添柱のそれをも彫り加えていて当市古市の西琳寺、法隆寺創建伽藍、橿原市橘寺等のそれに類例があり、ことにその舎利納置施設として柱穴側面に横穴を穿っているのが注目される点である。
なお創建当時の軒先瓦には弁上に忍冬文を記した特色あるものも含まれている。
当寺の現堂宇は享保年間以降、律僧恵猛により狭山藩主北条氏を檀越として再興されたもので、その僧堂は簡素な建物ではあるが、めずらしい遺構である。
なお、僧恵猛は現寝屋川市太秦の秦氏の出身であって『律苑僧宝伝』『日本高僧伝』等の伝記に載録されている高僧である。
平成三年一月 文化庁 大阪府教育委員会 羽曳野市教育委員会)



昔懐かしい郵便ポスト。
郵便物の取集時間が記されており現役だった。



竹内街道に立つ道標。

道標「右 大坂 さかいみち 左 まきの寺 さやま / 左 ふじい寺 大みね いせ はつせ つぼ坂 / 文政十二年 / 堺施主 神南辺隆光」。
天仁病院前の旧道にて。

神南辺道心の墓



1月18日(金)18:22 | トラックバック(0) | コメント(0) | ウォーキング・散策 | 管理

竹内街道(古市~大泉緑地)

2019年1月6日(日)は、おおばこの会に参加した。
タイトルは「竹之内街道~古市から大泉緑地へ~」。

<概要>
おおばこの会の2019年初歩き。
スタートは近鉄南大阪線古市駅。ゴールは地下鉄御堂筋線新金岡駅。

例年、初歩きは天理教本部のお節会(おせち)に参加していたが今年はなし。
Tリーダーによると来年は復活するかもしれないとのこと。

竹内街道、奈良県側はお馴染み。
金剛山地を挟んで大阪府側の麓は何回か歩いたことがある。
しかし、羽曳野市(古市駅)以西、堺市(新金岡駅)方面への平地歩きは初めて。
行政区では羽曳野市、松原市、堺市を歩いた。

古市駅前から南西方向に歩き、日本武尊御陵参拝道と彫られた道標を見て右折。
ここから先はカラー舗装されており竹内街道を表していた。
すぐに日本武尊白鳥陵古墳(やまとたけるのみこと はくちょうりょう こふん)に到着。

古墳を時計回りに周回しょうとしたが、道が途絶えており引き返す。
峰塚公園(峯ヶ塚古墳)を目当てに西方向へ歩く。
この辺り竹内街道沿いに旧家が建ち並ぶ。
旧道沿いに「衝破除」と彫られた石柱が道と民家との境に埋め込まれているのが散見された。

軽里北交差点でR170に架かる歩道橋を渡る。
歩道橋から日食が見られた。
歩道橋を降りると峰塚公園・峯ヶ塚古墳に到着。
小休止となる。

峰塚公園を後にして、竹内街道に立つ道標や常夜灯を見ながら野中寺(やちゅうじ)へと向かう。
廻鶴池の縁を歩き、児童公園を過ぎると、旧道らしく辻に常夜灯(太神宮)と道標「右 大坂 さかい 道 / 右 はせ 天保七年 / 法名××」が立っていた。
その向いには道標を兼ねた地蔵菩薩像「右ハ 者せみち 左ハ 奈らみち」。
近鉄バス野々上バス停の手前に、「元野中寺伽藍礎石 / 昭和三年三月」と刻まれた石柱が立つが、礎石は何処にあるのかよくわからない。

野中寺は聖徳太子建立四十六院の一とも称するところから、叡福寺の「上の太子」将軍寺の「下の太子」に対し「中の太子」と俗称せられている。
石人像を観たかったが、京都の高麗美術館に移転されていた。残念。

野中寺を後にする。
天仁病院前で車道から少し離れ旧道へ立ち寄ると立派な道標が立っていた。
「右 大坂 さかいみち 左 まきの寺 さやま / 左 ふじい寺 大みね いせ はつせ つぼ坂 / 文政十二年 / 堺施主 神南辺隆光」と刻まれている。
この“神南辺隆光”という人物、比較的知られているようだ。

東除川(ひがしよけがわ)に架かる旧伊勢橋の欄干が現在の橋の脇に置かれていた。
八王神神社、丹治(たじ)はやプラザ(丹比図書館)を見て進む。
近鉄バス野村バス停前で石仏を安置した覆屋とその横に日吉神社がある。
日吉神社の重厚な常夜灯は印象に残る。

更に西へ歩くと、目薬石と記された石が置かれていた。
この頃、昼食時間となったが、このまま進んでも昼食の適地がないようなので、日吉神社まで引き返し、大座間池の縁、桜の木が植林された横で昼食となる。
池の縁は風が強かったので、風を避けて昼食タイム。

昼食後、野霊園前を通って竹内街道を更に西へ歩く。
阪和道の高架下を潜る手前で、行政区が羽曳野市から松原市となる。
緑の一里塚で「竹内街道と立部遺跡」の説明板を見る。

暫く歩くと街道の左側に道標と、竹内街道とこの道標についての説明板が立っている。
道標には「左 ふちゐ寺 上太子 やまと 道 / 右 さやま かうや 左 ひらの 大坂 道 / 寛政九年丁巳五月 いせこう中」と彫られていた。

街道の右側(北)角に、松原南コミュニティセンターがあってその角にも道標と説明板があった。
「右 ひらの 大坂 道 / 左 さやま 三日市 かうや 道 / 左 さ可い 道 / 寛政九年丁巳五月 いせこう中」と彫られている。

やがて街道沿いに「岡の太子堂」と呼ばれるところに出る。
“岡”とは住所の名前。
岡公民館前から清堂川に架かる岡橋を渡り丹南北交差点でR309を横断。
この先で、行政区が松原市から堺市へ変わった。
西除川(にしよけがわ)に架かる西除橋を渡る。

野遠町(のとうちょう)会館前を経て(野遠)八坂神社に立ち寄る。
境内に「心のわがまち」と記された案内板が立っていた。

堺市立八下中学校前から大泉(おおいずみ)緑地に入る。
当日は第35回 大阪新春 マラソンが行われておりゴールとなっていた。
バーベキュー広場「GoodBBQ」、ふれあいの庭と歩いて中央休憩所で水鳥を見ながら小休止。

大泉緑地を後にし、西へ向かって歩き、15時23分に地下鉄御堂筋線新金岡駅にゴールした。

画像はこの日歩いた古市駅から新金岡駅までのGPSログを表示。



<コース>
9:27近鉄南大阪線古市駅9:34_道標(仁腎(にんけん)天皇 清寧(せいねい)天皇 日本武尊御陵参拝道 / 大阪皇陵巡拝會建設)_日本武尊白鳥陵古墳(やまとたけるのみこと はくちょうりょう こふん)を半周_道標(←峯ヶ塚古墳0.7km<竹内街道>古市駅0.5km→)_説明板(ウォーキング・トレイル)_民家(梅原軽金属工業)の狛犬一対_石柱(衝破除)が随所に見られる_軽羽迦(かるはか)神社_軽里北交差点でR170に架かる歩道橋を渡る_歩道橋から日食が見られた(地球から見て太陽の一部が月に隠れる部分日食)_峰塚公園・万葉歌碑(霞立つ 野の上の方に 行きしかば うぐいす鳴きつ 春になるらし)・説明板(古市古墳群)・絵図(峰塚公園)・説明板(史跡 峯ヶ塚古墳)_高松池_廻鶴池_児童公園_常夜灯(太神宮)・道標(右 大坂 さかい 道 / 右 はせ 天保七年 / 法名××)_道標を兼ねた地蔵菩薩像(右ハ 者せみち 左ハ 奈らみち)_道標(野中寺 0.2km)_石柱(元野中寺伽藍礎石 / 昭和三年三月)・説明板(歴史街道)_近鉄バス野々上バス停前_野中寺(やちゅうじ)_説明板(史跡 野中寺旧伽藍跡)・石柱(聖徳太子 御遺跡 第五番 中之太子 野中寺)・説明板(野中寺金堂跡 / 野中寺塔跡 / ヒチンジョ池西古墳石棺)・石柱(地蔵大菩薩 中之太子)・案内板(石人像の保管場所移転のお知らせ)・八臂辨財天・野中寺霊園・六地蔵・お染・久松の墓所・説明板(史跡 野中寺旧伽藍跡)_道標(←緑の一里塚 1.5km 野中寺 0.6km→)_落ヶ池_天仁病院前_道標(右 大坂 さかいみち 左 まきの寺 さやま / 左 ふじい寺 大みね いせ はつせ つぼ坂 / 文政十二年 / 堺施主 神南辺隆光)_東除川(ひがしよけがわ)に架かる旧伊勢橋の欄干(伊勢の橋/伊せはし/昭和六年三月架設)・東除川に架かる伊勢橋を渡る_八王神神社_丹治(たじ)はやプラザ(丹比図書館)前・道標(←野中寺1.8km 緑の一里塚0.3km)_樫山池_近鉄バス野村バス停前・覆屋・日吉神社・常夜灯_記念碑(野町会建立)・目薬石_緑の一里塚・説明板(竹内街道と野村)_元来た道を日吉神社まで引き返す_市立高年いきがいサロン5号館前_12:10大座間池・昼食12:50_野霊園前_道標(←緑の一里塚0.2km 松原市0.4km→)_道標(←野中寺2.3km 峰塚古墳3.0km 立部0.6km 正井殿1.2km→)_松原市と堺市の市境_立部東交差点_阪和道の高架下を潜る_立部東交差点_緑の一里塚・説明板(竹内街道と立部遺跡)_府営松原立部団地前_道標(左 ふちゐ寺 上太子 やまと 道 / 右 さやま かうや 左 ひらの 大坂 道 / 寛政九年丁巳五月 いせこう中)・説明板(竹内街道・中高野街道の寛政九年道標)_松原南コミュニティセンター・道標(右 ひらの 大坂 道 / 左 さやま 三日市 かうや 道 / 左 さ可い 道 / 寛政九年丁巳五月 いせこう中)・説明板(竹内街道)_説明板(岡の大師堂)・大師堂・説明板(竹内街道)_岡公民館前_清堂川に架かる岡橋を渡る_丹南北交差点でR309を横断_西除川(にしよけがわ)に架かる西除橋を渡る_石川鋳造所前_道標(竹内街道)_堺北八下(やしも)郵便局前_野遠町(のとうちょう)会館前_(野遠)八坂神社・堺市指定保存樹木くすの木・説明板_大池_富士ゴルフセンター前_堺市立八下中学校前_大泉(おおいずみ)緑地・第35回 大阪新春 マラソン会場・GoodBBQ・ふれあいの庭・中央休憩所・水流_光明幼稚園前_おさる公園前_新金岡市民センター前_府道28号線に架かる歩道橋を渡る_15:23地下鉄御堂筋線新金岡駅

<メモ>
・参加者総勢: 24名。
・コース歩行 (古市駅~新金岡駅までの所要時間と距離)
 距離: 約14.1km。
 時間: 5時間56分。
・実歩行 (自宅~自宅 正味歩いた時間と距離)
 距離: 約20.8km。(0.67m×30,975歩=20,753m)
 時間: 4時間48分。
 歩数: 3万1千歩。
・反省会:ニューミュンヘン 南大使館(難波千日前)

<参考>
竹内街道・横大路(大道)活性化実行委員会ホームページ
竹内街道
泉州・河内の道標を訪ねる。その①

民家の玄関先に置かれていた狛犬一対。
新しいものではなさそう。
羽曳野市軽里3丁目にて。



日本武尊白鳥陵古墳から峰塚公園(峯ヶ塚古墳)に向う途中に、「衝破除」と彫られた石柱が、民家と道の境に埋め込まれているのがあちこちで見られた。
“しょうはよけ”と読むらしい。

車両が民家の壁などを傷つけないように置かれた置石のようなものかと思っていたがそうではない。

なんだろ? 衝破除(しょうはよけ) ー 南河内に多いようです。によると、昔から往来の多い街道の辻には霊が宿ると考えられ、T字路やY字路の突き当りには行き交う人々の情念が溜まるところと考えられていたらしい。
そして、それを除くものとして「衝破除(しょうはよけ)」というものが考えられた。

こちらのサイトは奈良県内の衝破除について紹介している。
衝破除 (しょうはよけ)



この日は日食が見られた。
詳しいことは知らないが、地球から見て太陽の一部が月に隠れる部分日食。
軽里北交差点、R170に架かる歩道橋から。

つづく。



1月17日(木)20:16 | トラックバック(0) | コメント(0) | ウォーキング・散策 | 管理

薬師禅寺_天皇の杜古墳_福成寺_洛西竹林公園57

中垣内交差点で集女街道(府道67号線)を横断して暫くすると左手に来迎寺の道標が立っている。
来迎寺には立ち寄らず。



引き続き大原野道を東へ歩き、梅ノ木交差点で府道206号線に出合いこれを左折。


反省会は阪急東向日駅近辺ではお馴染み、餃子の王将 東向日店。参加9名 15:02~16:17。


いつもながらボリュームがあって美味しい。
画像手前左の料理は「肉と玉子のいりつけ」。



「肉と玉子のいりつけ」は税抜500円也。
この後、私はJR東海本線向日町駅まで歩いて帰路に着いた。

おしまい。



1月16日(水)18:04 | トラックバック(0) | コメント(0) | ウォーキング・散策 | 管理

薬師禅寺_天皇の杜古墳_福成寺_洛西竹林公園56

大原野道(府道207号線)に出合いこれを左折。(東)

曲がり角に桓武天皇皇后御陵の道標が立つ。(画像中央)



大原野道を東へ歩くと、右手に曹洞宗 慶昌院が現れる。


慶昌院が所蔵している市指定文化財の説明板。


慶昌院と大原野道の角地に立つ地蔵菩薩立像。


やがて右手に例慶(れつけい)公園が現れ、公園の中に「願徳寺宝菩提院跡」の説明板が立っていた。
説明書きによると、白鳳時代に建てられた仏教建築跡地。



1月16日(水)18:02 | トラックバック(0) | コメント(0) | ウォーキング・散策 | 管理

薬師禅寺_天皇の杜古墳_福成寺_洛西竹林公園55

暫くの間、西ノ岡竹林通を歩く。


右手に「竹穂垣」が続く。


「桓武天皇皇后陵 天之高藤廣宗照姫之尊(あまのたかふじひろむねてるひめのみこと) 高畠陵(たかばたけのみささぎ)」に到着。

向日市歴史・観光サイト によると、長岡京を築いた桓武天皇の皇后のお墓で宮内庁陵になっています。
直径約65メートル、高さ約7メートルの円形をしています。
もとは古墳時代前期の円墳であったとされています。



分岐で右折(南)。
阪急東向日駅、JR向日町駅方面へ向かう。



住宅地の中を歩く。


1月15日(火)18:17 | トラックバック(0) | コメント(0) | ウォーキング・散策 | 管理

薬師禅寺_天皇の杜古墳_福成寺_洛西竹林公園54

西ノ岡トリムコースの案内板。
全長5.3kmと表示されている。



「竹の径」の案内板。
左の道からやって来た。



右手に寺戸町北墓地が現れる。
塀の外側から宝篋印塔を撮影。



「西ノ岡トリムコース」の案内板。

この案内板ではコースは片道2.65kmとなっている。
往復して全長5.3kmということなのだろう。

現在地から、この後、桓武天皇皇后陵へ向かうのでコースから外れる。

ところで“トリム”とは、21世紀の森公園 のサイトによると、
「トリム」は、バランスを保つことを意味するノルウェーの造船用語で、そこから「トリム運動」という言葉が生まれました。
トリム運動は、1960年代後半にノルウェーで始まり欧米各所に広まった運動で、心身ともにバランスをとるためにスポーツで健康・体力づくりをしようとするものです。
特に具体的な種目というものはなく、楽しみながらスポーツに親しみます。

上記サイトは「いわき市公園緑地観光公社」の説明だが、同じような意味だろう。



向日市立第6向陽小学校の校舎を左に見遣る。


1月15日(火)18:16 | トラックバック(0) | コメント(0) | ウォーキング・散策 | 管理

薬師禅寺_天皇の杜古墳_福成寺_洛西竹林公園53

手前の竹垣が物集女垣、右奥に続くのは竹穂垣。

京都市洛西竹林公園 のサイトによると、
物集女垣・・・中世の物集女城壁をイメージし、竹の表面を縦横に配するなど竹本来の美しさを強調している。
竹穂垣・・・・選別した竹の枝のボリュームを十分に生かした美しい作りになっており「竹の径」で最も多く使われている。



この後に歩くポイントが表示されている。
まずは寺戸大塚古墳、徒歩僅かに1分。



「史跡 乙訓古墳群 寺戸大塚古墳」の石柱が立つ。


寺戸(てらと)大塚古墳

向日市歴史・観光サイト の最新情報によると、
向日市立第6向陽小学校から竹林公園へ続く竹の径にある、古墳時代前期(4世紀前半)の前方後円墳です。
古墳の後円部が雑木林となっており、前方部は竹林として利用されています。
全長約98メートル、後円部が直径約54メートル、高さ約10メートルで、前方部が幅約45メートルです。
墳丘は、後円部が三段築成、前方部が二段築成で、斜面に葺石が施されており、平面には埴輪が大量に並べられていました。
埋葬施設は後円部と前方部から一室ずつ発見されており、双方ともに竪穴式石槨ですが、後円部は地元の西山産の板石でつくられており、前方部は大阪府柏原市産出の板石でつくられています。
後円部は埋葬の中心的な場ですが、前方部の施設にも後円部と同等の副葬品(鏡や勾玉などの装身具、鉄刀や剣などの武器、鎌や斧などの工具、埴輪等)が納められていたことから、前方部の埋葬者も手厚く葬られる地位の高い人物だったと考えられています。
全長: 約98m
後円部: 直径約54m/
高さ約10m(三段築生)
前方部: 幅45m (三段築生)
くびれ部: 幅35m



寺戸垣。

向日市観光協会のサイト によると、
地元寺戸町に由来し、格子の間から見える竹林がまた違った趣となるよう、結び目の位置や格子の間隔に職人の技生かされている。



1月14日(月)18:34 | トラックバック(0) | コメント(0) | ウォーキング・散策 | 管理

薬師禅寺_天皇の杜古墳_福成寺_洛西竹林公園52

洛西竹林公園を後にして、西ノ岡竹林通に戻り、引き続き南へ向う。
歩道はないが、クルマの通行量はそれほど多くない。

先程の説明板によると、このあたりの竹垣は竹穂垣(たけはがき)と呼ばれている。



阪急洛西口駅まで徒歩35分と表示されている。
この日のゴールはこの駅の一つ大阪寄り阪急京都線東向日駅。



「竹の径」の案内板。
この地図は上が南。

現在地から寺戸大塚古墳、第6向陽小学校、桓武天皇皇后陵を経て阪急東向日町駅へ向かう。



この竹垣は他所ではほとんど見たことがないと思う。


物集女垣(もずめがき)と呼ばれている。

名称は、地元、物集女町に由来し、中世の物集女城跡から城壁をイメージして作製されています。
竹の表面を縦横に配するなど竹本来の美しさを強調して見せる竹垣として、「竹の径」に彩りを添えています。
 向日市観光協会



1月14日(月)18:33 | トラックバック(0) | コメント(0) | ウォーキング・散策 | 管理

(続)箕面山_六個山_五月山_ひょうたん島コース

わくわく展望台から大阪平野の眺望。


五月山山頂。
正式名:千代山 三等三角点 314.88m 点名:木部(きべ)。
ここも山頂からの展望なし。



昼食場所の日の丸展望台。


この吊り橋は一人ずつ渡るものだろう。
複数で渡ろうとすると、バランスを崩し吊り橋が大きく揺れて危険。
先頭の人は足元の丸太に足を乗せられないのでパニックっていた。
後方の人が両手で手摺を持つようアドバイスし無事に渡ったみたい。
五月山公園、吊り橋にて。



ひょうたん島コース取り付きにあるひょうたんの形をした小さなコブ。

おしまい。



1月13日(日)18:11 | トラックバック(0) | コメント(0) | 山歩き | 管理

箕面山_六個山_五月山_ひょうたん島コース

2019年の初歩きは3日(木)、山を登る会の第1,023回例会に参加した。
山域は北摂。

<概要>
初歩きにふさわしいお天気となり遠望もそこそこ楽しめた。
例年通り山を登る会の初歩きは距離が短めで案内では12km。
スタートは阪急箕面線箕面駅。ゴールは阪急宝塚線池田駅。

箕面駅から滝道を歩き、唐人戻岩の手前で三国峠方面へ取り付く。
箕面大滝の遠望スポットを経て、今回、初めて箕面山355mの山頂に立った。
三角点はなく山頂からの展望はない。

三国峠の“三国”とは、具体的にどの地域を指すのだろうか、と話しながら三国峠に到着し小休止。
再び歩き出し、葉っぱが落ちた大ケヤキを見て下る。
箕面GCでプレイする人を右に眺めながらフェンスに沿って南へ。

わくわく展望台を経て、六個山(ろっかやま)395.77mに到着。
通常のハイキングだと、ここで昼食となるところだが、山を登る会は歩くペースが早い。
山頂到着は10時50分。

六個山から下山時、ありきたりのコースを歩くのは詰まらないので、石澄滝(いしずみたき)へ寄ろうということになった。
旗振り役はM氏。
石澄滝は前から興味があったので、この話に乗ったが、途中、倒木に気を取られ、左折すべき尾根道をロスト。
石澄川の渡渉地点から石澄川に沿って下ることも考えられたが踏み跡がないようで危険。また距離も長い。
結局、この日は行けなかったが、またの機会にチャレンジしたい。

トイレのある日の丸展望台前で昼食。
昼食後、今回初めて五月山の山頂に立ち寄った。日の丸展望台から1分程度。
正式には千代山(三等三角点 314.88m 点名:木部(きべ)という名前があって、五月山というのは、後から付けた名前だろう。

展望台から池田駅へ、自然とふれあいコースを経てひょうたん島コースを歩いて下山。
聞くところによると、この名前は上空から眺めた山の形がひょうたん島に似ているから名付けられたという。
ひょうたん島コースに取り付くところに、ひょうたんの形をした小さなコブがあった。

温室、緑化植物園前から池田城跡公園、池田駅前公園を経て、12時50分池田駅にゴールした。

<コース概略>
阪急箕面線箕面駅9:05_ 瀧安寺_落合橋方面(通行禁止)を左に見送り直進_唐人戻岩の手前で左折、階段を登る_箕面大滝眺望ポイント_箕面山355m_三国峠_分岐(ようらく台 エキスポ記念の森方面を右に見送り ハート広場・六個(箇)山)方面へ直進_大ケヤキ_森林作業道を横断_落合橋方面(通行禁止)を左に見送り直進_箕面ゴルフ倶楽部のフェンスに沿って歩く_落合谷分岐を左に見送り直進_わくわく展望台・分岐を右折し東尾根コースを歩く_分岐で右折し青空展望台方面へ_急階段を登る_六個山(ろっかやま 二等三角点 395.77m 点名:松尾山)_石澄川を渡渉_林道に合流・南へ歩く_眺望地_五月山緑地霊園_池田カンツリー倶楽部工務部の建物を右に見て歩く_三叉路で左折・五月山幹線道路方面へ_電波塔前_五月山霊園入口前_五月山公園_11:33日の丸展望台・昼食・千代山(三等三角点 314.88m 点名:木部(きべ))12:00_東屋_五月山霊園_道標(五月山緑地遊歩道)_トイレ_道標(五月平高原コース分岐を左に見送り 直進して自然とのふれあいコース五月台方面へ歩く)_道標(杉ケ谷コースを左に見送り五月台方面へ直進)_ベンチ_吊り橋_愛宕神社分岐を右に見送る_自然とのふれあいコースから左折しひょうたん島コースに取り付く_ひょうたんの形をした小山_道標(緑のセンター ひょうたん島コース→)_展望台_休憩所分岐を右に見送り直進_杉ケ谷コースと合流_温室・緑化植物園前_五月橋を渡る_五月山児童文化センター前_五月山体育館前_杉ヶ谷川に架かる橋を渡る_池田城跡公園分岐を右に見送り直進_小林一三記念館分岐を左に見送る_法園寺前_祠(延命子守地蔵尊)_地蔵堂_池田市役所前_池田駅前公園_12:50阪急宝塚線池田駅

<メモ>
・参加者: 89名。
・リーダー: N氏
・コース歩行 (箕面駅~池田駅 休憩時間含む)
 距離: 約13.5km。
 時間: 3時間45分。
・実歩行 (自宅~自宅 最寄り駅往復 大阪駅~梅田駅往復等を含む 休憩時間不含)
 距離: 約16.9km。
 時間: 3時間54分。
 歩数: 2万5千歩。

<参考>
五月山公園
さつきやまハイキングマップ

画像はこの日歩いた箕面駅から池田駅までのGPSログを表示。



唐人戻岩の手前から三国峠方面へ取り付く。
途中、箕面大滝の眺望ポイントから箕面大滝。
写真では小さくて分かりにくい。
左からの風に吹かれて流落ちる水が右へ曲がっている。



箕面山山頂。
潅木に覆われ山頂からの展望なし。



葉っぱの落ちた大ケヤキ。


1月13日(日)18:11 | トラックバック(0) | コメント(0) | 山歩き | 管理

薬師禅寺_天皇の杜古墳_福成寺_洛西竹林公園51

百々橋の橋桁越しの水面に僅かに映ったモミジを眺める。


先の京都市洛西竹林公園の説明にあったが、百々橋は応仁の乱(1467-1477)の頃は木製の橋だったが、その後、石橋に改築されたが、その年代はいつ頃なのだろうか。
比較的、新しい時代なのかもしれない。
※ネット検索すると、明治40年(1907年)に石橋に改築された。



一面ササに覆われた丘陵地。

このササはこれ以上背丈が高くならないのだろうか。
これは刈り込んでいる?



説明板によると「オカメザサ」。

高さ1~1.5メートル。
庭園用、地被用に用いるとのことなので、刈り込んでいないのかも。
刈り込むにしても、背丈が高くならないなら、後の管理はラクみたい。



生態園の案内図。

石仏群は案内図右上の「石造物」と表示されているところ。



1月12日(土)18:26 | トラックバック(0) | コメント(0) | ウォーキング・散策 | 管理


(1/329ページ)
>1< 2 3 4 5 6 7 8 9 10 最後