山歩きの記録+etc
 
近畿の山歩きやウォーキングの記録
 


2015年5月を表示

明智越_小倉山48

京都駅で下車し八条出口から、見聞録京都アバンティ店で反省会となった。


この店は下駄箱が完備。


以前は時間帯によって生ビール中ジョッキ半額だったが、最近は18時まで330円となっていた。


その後、京都駅から近鉄電車に乗って帰宅した。おしまい。


5月30日(土)21:10 | トラックバック(0) | コメント(0) | 山歩き | 管理

明智越_小倉山47

道標。西側の面「旧 嵯峨御所 大本山 大覚寺 ?」と彫られているようだ。?は読めず。


南側の面は「日本最初乃庭園 大沢の池 ??」。??は判読できず。


JR嵯峨嵐山駅を示す道標。駅はすぐそこ。


ようやくゴールのJR嵯峨嵐山駅に到着。


京都駅に向かう。


5月30日(土)21:09 | トラックバック(0) | コメント(0) | 山歩き | 管理

明智越_小倉山46

渡月橋が見える。


若いカップルばかり。熟年カップルはまったく見ない。


渡月橋の前を通過。多くの観光客で賑わっている。


嵐電・嵐山駅前を通る。嵐電には乗車せずJRを利用する。


駅周辺は若い人達や中国などの外国人で大盛況。


5月30日(土)21:09 | トラックバック(0) | コメント(0) | 山歩き | 管理

明智越_小倉山45

展望コーナーから撮影。この建物は「星のや 京都」だろう。


ここは一旦、大河内山荘方向へ歩く。


嵐山らしい光景。


京都トレイル西山18の道標。


ボートを楽しむ人達。ボートの青い色が水面に引き立つ。


5月30日(土)21:08 | トラックバック(0) | コメント(0) | 山歩き | 管理

明智越_小倉山44

下山道の正面、京都市街の眺め。


ようやく傾斜が緩やかになる。


大きな岩が現れ、その岩の後に男性が休憩していた。画像は振り返って撮影。


たて看板の後側から下って来た。たて看板を振り返って撮影。ここから嵐山公園のエリアとなっている。


公園内に設置されている展望コーナーとベンチ。


5月30日(土)21:07 | トラックバック(0) | コメント(0) | 山歩き | 管理

明智越_小倉山43

突然、前方に展望が得られる場所が現れる。


眼下に保津川(大堰川)の流れ。そして京都市中心部が一望出来た。このような展望が得られる場所があることを知らなかった。展望所には母親と子供の先客がいた。


少し休憩した後、再び歩き出す。ここまで歩きずくめで、更にこの急坂は膝に堪える。


下山道から烏ヶ岳方向の眺め


かなり下ってきたが、ここから先も急坂が続いた。


5月30日(土)21:05 | トラックバック(0) | コメント(0) | 山歩き | 管理

明智越_小倉山42

六丁峠の方向を示す道標。ここから六丁峠まで、今歩いて来た道とは別の道があるようだ。


ここで石畳がなくなった。この先、地道を歩く。


所々に伐採した木が置いてある。


標石。左は“常”右は“京都市”だろうか。


快適に下る。


5月29日(金)21:26 | トラックバック(0) | コメント(0) | 山歩き | 管理

明智越_小倉山41

小倉山山頂を後にし、踏み跡を辿る。


ほどなく石畳の道に出合う。


こんなところに小倉山山頂の道標があった。5分となっている。


再び、石畳の道を歩く。周りにフェンスが設置されていた。


フェンスは鹿の食害を防ぐためのもの。


5月29日(金)21:26 | トラックバック(0) | コメント(0) | 山歩き | 管理

明智越_小倉山40

地図で確認すると、小倉山の山頂は向かって右方向(南)にあるようだ。山へ分け入り山頂を探すことにした。薄い踏み跡を辿る。


踏み跡は徐々に薄くなり消えかける。


この後、しっかりとした踏み跡に出合いこれを南方向へ歩く。


小倉山頂に到着。南方向に展望が開けていた。


私製の山名板。標高296m。


5月28日(木)21:54 | トラックバック(0) | コメント(0) | 山歩き | 管理

明智越_小倉山39

驚いたことに、この先、このような幅の広い道が続くようだ。


しかも石畳となっている。


どこまでも石畳が続く。


祠があったので立ち寄る。お稲荷さんかもしれない。


引き続き石畳の道を歩く。


5月28日(木)21:53 | トラックバック(0) | コメント(0) | 山歩き | 管理

明智越_小倉山38

この登山道は、古くから歩かれているようだ。


一旦、ドライブウェイに出るが、踏み跡は続く。ドライブウェイは歩行禁止。


自然林の明るい登山道。歩いて楽しい。


突然、ハイキングコースの道標が現れる。落合方向から歩いて来た。嵐山へ向かう。この大きな道標はドライバー向けのものだろう。


そして、ここは歴史的風土特別保存地区となっている。


5月28日(木)21:52 | トラックバック(0) | コメント(0) | 山歩き | 管理

明智越_小倉山37

右下は崖になっており、気が抜けない。


登山道からの展望はとてもよい。


フィックスロープが現れる。足元は岩場になっており、慎重に登る。


すぐ上に嵐山高雄パークウェイのガードレールが見えた。


フィックスロープの連続。


5月28日(木)21:51 | トラックバック(0) | コメント(0) | 山歩き | 管理

明智越_小倉山36

京都トレイル西山6の道標。この地図で京都トレイルは実線。破線が小倉山への踏み跡らしい。丁度、前方から破線を歩いて来た男性とバッタリ。こんにちは。


小倉山への踏み跡を尋ねたら、まさしくこの破線がそうだという。地図を指差して教えて頂いた。但し、一般のハイキング道ではなく、ロープなどが取り付けられているらしい。男性は普段着の軽装だったので、そのことを云うと、私は慣れているからとのことだった。


男性に丁重にお礼を云って、踏み跡を辿る。なるほど、これは面白そうな道だ。


鉄橋が現れる。


手摺腐食の為、要注意。


5月27日(水)21:24 | トラックバック(0) | コメント(0) | 山歩き | 管理

明智越_小倉山35

京都トレイル西山5-1の道標が現れる。


嵐山・鳥居本(とりいもと)方向に狭い車道を歩く。


ヤマフジ。


車道脇から小倉山への踏み跡を探したがここではなかった。


絶景。クルマで走っている限りでは、この光景を見ることはないと思う。


5月27日(水)21:23 | トラックバック(0) | コメント(0) | 山歩き | 管理

明智越_小倉山34

保津川下りの舟をズーム撮影。


京都トレイルの道標。西山5-2となっている。西山コースは起点が清滝の金鈴橋で終点が阪急上桂駅までの12.3kmとなっている。標識番号は1から51。


落合トンネルを潜る。


清滝川に架かる落合橋を渡る。


東海自然歩道の道標。ここでは嵐山方向へ歩く。


5月27日(水)21:22 | トラックバック(0) | コメント(0) | 山歩き | 管理


(1/6ページ)
>1< 2 3 4 5 6 最後 

FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪ | さくらのVPS | パスキット
恋活 | 家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック | 本のバーゲン