山歩きの記録+etc
 
近畿の山歩きやウォーキングの記録
 


2014年12月を表示

星田連山6

星田新池の堤防まで戻ってきた。来た時は画像の右側から堤防を歩いてきたが、画像を左折しても明確な登山道があったので、ここを左折してみることにした。


画像は左折して、堤防付近を振り返って撮影。


すぐに分岐となり、左方向に二股と、右方向に踏み跡があった。最初、画像の左方向の二股のうち、右側しか気付かなかった。そして右側の踏み跡を辿るとすぐに住宅地に出たので引き返す。その後、左側の薄い踏み跡に気付き、少し登ってみた。


すると、偶然にも日高山登り口の道標を発見。非常にわかりにくい場所に取り付けられており、今となって思えば、登山者の為に、あえてこのような場所に取り付けられたのだと思う。“登山者の為”と云うのは、わかりやすい場所だと、すぐ撤去されるだろう。しかし、取り付けられていた場所は、登山者が登山口を探す時に、発見出来る場所だからだ。


この時点では、ここから日高山へ歩くつもりでいた。画像は取り付き付近。踏み跡はかなり薄い。続く。


12月31日(水)23:07 | トラックバック(0) | コメント(0) | 山歩き | 管理

星田連山5

この画像は7年前の2007年3月14日に撮影したもの。今は廃墟となっている建物の7年前の姿。


こちらが入口。鍵は掛かっていなかった。


ご免下さいと挨拶したが返事がなく、おそるおそる中へ入ってみた。山の持ち主が山で利用する小屋なのかもしれないと、当時、思ったように記憶している。以上3枚の画像は7年前に撮影したもの。


廃墟を後にして先に進むが、登山道が崩落しており、画像に見える木の枝をつかんでクリアーした。


その後も踏み跡は非常に薄く、人が歩いた形跡がまったくみられない。そして、この先、またも崩落ヶ所があり、危険なので前進することを断念し、Uターンすることにした。今となってみれば、画像の白いハンカチは登山者に注意を促す目印だったのかもしれない。


12月31日(水)23:05 | トラックバック(0) | コメント(0) | 山歩き | 管理

星田連山4

砂防堰堤によって、土砂が堆積された平坦なところを歩く。


堆積された土砂の中をチョロチョロと川が流れている。


この先、谷筋を離れ、右に見える踏み跡を辿る。尚、左に案内板と踏み跡が見える。後でわかったが、この踏み跡は造林の仕事道で早刈山を経由して星田山方向へ行くことが出来るようだ。(未確認)


下草が生い茂り、最近、人が歩いた形跡が見られない。


廃墟。7年前には建物の中に入れた記憶があるが、今は下草や倒木で、建物に容易に近寄ることすら出来なかった。


12月31日(水)23:03 | トラックバック(0) | コメント(0) | 山歩き | 管理

星田連山3

しばらくフェンスに沿って歩く。


池の水はとても綺麗。


池の縁に沿って歩いていると、右上に続く薄い踏み跡を発見。この日は、ぼって谷ではなく、その東に位置する尾根筋を歩いて、日高山へ向かう予定だった。その尾根筋は今回、初めて歩く。これがその尾根筋の登山道かもしれない。少し探索してみることにした。


最初、踏み跡は明確だったが、徐々に薄くなってきた。H氏と相談して、以前、私が歩いたことがある、ぼって谷を歩くことにして、来た道を分岐まで戻る。


砂防堰堤を2基見て歩く。画像は2つ目の砂防堰堤。


12月31日(水)23:02 | トラックバック(0) | コメント(0) | 山歩き | 管理

星田連山2

星田連山への取り付きの目印となる、きんもくせい特別養護老人ホーム前に到着。右に見える橋を渡らずに、建物の右の小さな道を行く。因みに右の橋から先は住宅地となっていた。7年前に住宅地があったかどうか記憶にない。


この先に鎖が見える。一般車は通行不可。


すぐに星田新池広場に到着。前方に星田新池の堤防が見える。


かなり大きな池で明治時代に農業用に造られたと聞く。この位置から星田新池を見て、右側(西)の谷が、ぼって谷、そして左側(東)の谷が地獄谷と呼ばれる。


右側の谷、拂底(ぼって)谷に沿って歩く。画像に見える橋を渡って左(南)へ進む。右方向にも踏み跡があり、後でこの踏み跡を辿ることになる。


12月31日(水)22:54 | トラックバック(0) | コメント(0) | 山歩き | 管理

星田連山1

2014年12月27日(土)は、交野市の星田連山をH氏と二人で歩いた。これに先立ち、「山を登る会」の例会が12月14日に開催され、星田三山を歩かれていた。この例会に参加を予定していたが、急遽、所用で参加できず、改めて、この日、H氏と二人で歩くことになった。この山域は2007年頃に、通い詰めたことがあり、比較的よく知っている。しかし、7年前になるので、当時とは様子が違っていた。具体的には、星田新池から星田三山の一座、日高山を目指して拂底(ぼって)谷を歩いたが、途中、登山道が崩落。一つ目はなんとかクリアーできたものの、二つ目の崩落地では前進することを断念、やむなくUターンした。星田新池まで戻り、登山道を探索したところ、偶然にも日高山の登山口を発見。谷筋の崩落により、これに代わる尾根筋と思われる。或いは7年前にもあったのかもしれない。丁度その頃、日高山の登山口の前で、犬を散歩中のご婦人がおられ、ダメもとで情報収集したところ、なんと、その方は以前、近辺の山域を歩いており、日高山の尾根道は歩いても面白くないとのことで、ご婦人お勧めの地獄谷を歩くことに決めた。地獄谷は7年前に一度だけ歩いており、徐々に記憶が甦ってきた。このアクシデントにより、予定では日高山、星田山、北山師岳(きたやましだけ)の“星田三山”を踏破するつもりが、時間の関係で、日高山は山頂を踏めず。その代わり、当初の予定にはなかったが、星田連山の最高峰、羽伏山284.2mまで足を伸ばした。

コース・タイム
9:20星田駅9:27_大谷橋(交差点)_9:38傍示川橋_9:48きんもくせい特別養護老人ホーム前_9:53星田新池広場_9:58星田新池堤防_<ぼって谷>_10:07尾根道分岐(尾根道を少し探索)10:11_10:16廃墟_10:17崩落地(一つ目)_10:20崩落地(二つ目)Uターン10:21_10:36星田新池堤防_10:37登山道探索_10:39日高山登り口分岐_10:48星田新池堤防_<地獄谷>_10:58長澤又吉霊(石碑)_10:59堰堤or石垣or水路?_11:02志津大神(水の神様)_11:08聖滝(別名:なすび石の滝)11:11_11:14北山師岳分岐_11:20広望丘(こうぼうきゅう)_11:28五段の滝_11:32消防施設小屋前_11:40星田山_11:50星海山_12:08地獄谷山・昼食12:37_12:41北山師岳(きたやましだけ)_12:50西茨尾山_12:55茨尾山_13:02弁財天山_13:03宗円ころり分岐_13:14大谷山(おおたんやま)_13:37羽伏山_13:55大谷山_14:04星田園地分岐(=宗円ころり分岐)_14:06馬木の領(せ)分岐_14:13南宗円山_14:16宗円山_14:20宗円ころり(急坂)_14:23抜谷領(せ)_14:34分岐_14:37星田9丁目54付近に下山_14:39やきもの妙見工房前_14:42義晴地蔵寺_14:47豊臣稲荷鳥居(星田妙見宮)_14:54星田妙見宮15:10_15:26星田公園前_15:34星田駅 ★反省会 16:14餃子の王将放出駅前店17:13_17:18放出駅17:24

画像はこの日歩いたGPSログ。



近鉄京都線に乗って新田辺駅で下車。徒歩でJR京田辺駅へ向う。画像はJR京田辺駅。


星田駅に到着。H氏は既に来ていた。


大谷橋(交差点)に出て、車道に沿って歩く。きんもくせい特別養護老人ホームが目印となる。画像は傍示川(ほうじがわ)沿いに続くサクラ並木。


最初、舗装された傍示川の右岸を歩いていたが、左岸が地道で歩きよさそうなので歩いてみた。しかし、途中で歩道がなくなり、画像のような、住宅地の中の“藪道”を歩く羽目になった―笑。


12月30日(火)21:48 | トラックバック(0) | コメント(0) | 山歩き | 管理

山背古道とことんウォーク60

水度(みと)神社拝殿。


こちらは拝所と本殿で重文。室町中期の文安5年(1448年)建立。


手水舎。


水度神社を後にする。二の鳥居を振り返って撮影。


水度神社参道。「京都の自然100選」に選ばれている。この後、城陽駅に到着。JR奈良線で新田駅へ、新田駅から徒歩で大久保駅へ向い、近鉄電車に乗って帰宅した。おしまい。


12月30日(火)21:08 | トラックバック(0) | コメント(0) | ウォーキング・散策 | 管理

山背古道とことんウォーク59

立派なアカマツ。


このアカマツも城陽市の名木・古木に認定されていた。昔は、付近で松茸が採れた。


鴻ノ巣山散策道案内図。この後、水度神社へ下山する。


やすらぎの広場に設置されていた東屋。


チェックポイント1を通過。ゴールの城陽駅まで、いよいよあと0.9kmとなった。


12月30日(火)21:07 | トラックバック(0) | コメント(0) | ウォーキング・散策 | 管理

山背古道とことんウォーク58

東屋でくつろぐ家族連れの人達。


鴻ノ巣山展望台(山背展望台)を後にする。


山背古道の道標を見て、やすらぎの広場へ向う。


道標。やすらぎの広場を経て水度(みと)神社へ下山。


やすらぎの広場の紅葉。時季としては少し遅かった。


12月30日(火)21:07 | トラックバック(0) | コメント(0) | ウォーキング・散策 | 管理

山背古道とことんウォーク57

鴻ノ巣山展望台へと向かう。勿論、先程の展望台とは別。


尾根筋を少し歩いて鴻ノ巣山展望台に到着。


ところが、山背展望台と表示されていて、少しわかりにくい。


この日は霞んでいて視界が悪かった。


鳥瞰図。


12月30日(火)21:06 | トラックバック(0) | コメント(0) | ウォーキング・散策 | 管理

山背古道とことんウォーク56

展望台の櫓に上がってみたが霞んでいて遠望は利かず。撮影した画像は逆光となった。


子供達の絶好の遊び場となっているようだ。家族連れが多い。


展望台の後から、山背古道が森の中へと続いている。


急な階段を下る。


道標や目印の赤テープが括り付けられているので迷うことはない。


12月30日(火)21:05 | トラックバック(0) | コメント(0) | ウォーキング・散策 | 管理

山背古道とことんウォーク55

「にじのはし」と呼ばれる陸橋を渡ると、光のイルミネーション「TWINKLE JOYO 2014」の施設が見られる。


日が暮れると、鮮やかなイルミネーションが見られる。


これもその一部。


紅葉が丁度見頃。


鴻ノ巣山運動公園の最上部へと登る。この登りが結構キツイ。左は展望台の櫓、真ん中は東屋、そして右はトイレ。


12月29日(月)21:01 | トラックバック(0) | コメント(0) | ウォーキング・散策 | 管理

山背古道とことんウォーク54

府道256号線に降り立つ。画像は振り返って撮影。


右(南)に城陽オレンジGを、左に城陽イーストヒルズの住宅地を見て歩く。


やがて、左側(北)に公共の宿「プライムイン城陽」の入口が現れ、これを見送る。


歩行者は道路を横断せず、右側(南)から鴻ノ巣山運動公園に入る。


府道256号線に架かる陸橋を渡る。城陽市内に入ると、古道とは趣が異なり、運動公園を歩くことが多くなる。古道を期待するとかなり期待ハズレ。


12月29日(月)20:59 | トラックバック(0) | コメント(0) | ウォーキング・散策 | 管理

山背古道とことんウォーク53

「友愛の丘」に到着。この施設も中を通過するだけ。


森で遊ぶ親子。


山背古道の道標。


「友愛の丘」を後にし、フェンスに沿って下る。


チェックポイント3の表示板。


12月29日(月)20:58 | トラックバック(0) | コメント(0) | ウォーキング・散策 | 管理

山背古道とことんウォーク52

木津川運動公園は山背古道とは関係がないようだが、トイレを利用出来るから、この日のコースに含まれているのかもしれない。真新しい園内を通過する。


駐車場の方向へ歩く。このあたりはまだ建設中。


駐車場を左に見て木津川運動公園を後にする。


この先、右折し舗装された狭い道を北へ歩く。


青少年野外活動総合センター「友愛の丘」を目指して歩く。


12月29日(月)20:57 | トラックバック(0) | コメント(0) | ウォーキング・散策 | 管理


(1/5ページ)
>1< 2 3 4 5 最後 

FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪ | さくらのVPS | パスキット
地震速報機 | 本のバーゲン | 避難リュック | 放射能測定器 | 恋活