山歩きの記録+etc
 
近畿の山歩きやウォーキングの記録
 


山歩き

大和三山(ウォームス下見)13

畝傍御陵前駅の東西連絡通路(地下道)を歩いて、駅の東側へ出る。画像は畝傍御陵前駅。


駅前のオブジェ。本薬師寺跡へは駅前の道をまっすぐ東に歩く。


柿が生っていた。渋柿かも。


やがて、ホテイアオイの美しい花が迎えてくれた。


花期は8月中旬から9月下旬ということで、タイミングよく見ることが出来たのは良かった。


9月26日(木)21:51 | トラックバック(0) | コメント(0) | 山歩き | 管理

大和三山(ウォームス下見)12

「若桜友苑」にて。


橿原神宮を振り返って撮影。


信号を渡って、県立橿原体育館の前を歩く。すぐに橿原考古学研究所を右に見て歩く。


再び、畝傍山を仰ぎ見る。


畝傍御陵前駅へやって来た。


9月26日(木)21:28 | トラックバック(0) | コメント(0) | 山歩き | 管理

大和三山(ウォームス下見)11

下山道は東方向から南へ向きを変えてから、ようやくなだらかな道となる。


「若桜友苑」と呼ばれる公苑に下山した。


「若桜友苑」は戦没者の英霊を慰める慰霊公苑。画像は「絆の錨」。旧海軍の艦艇の錨という。


畝傍山を仰ぎ見る。


イトクの森古墳(池田神社)の前を通って県立橿原体育館方向へと歩く。


9月26日(木)20:48 | トラックバック(0) | コメント(0) | 山歩き | 管理

大和三山(ウォームス下見)10

畝傍山の三角点、標高199.2mで、大和三山の中では一番高い。ちなみに香具山は152.4m、耳成山は139.7mで一番低い。


灯籠の笠石のように見える。これとよく似たものが登山道の脇に転がっていた。


耳成山の展望。大和三山の中では畝傍山が一番、展望に恵まれている。展望のまったくないのは耳成山だった。


下山を開始する。画像は山頂直下の分岐。ここは左方向のイトクの森古墳へ下った。


この登山道は傾斜が急で、おまけに岩が露出しているところもあって、非常に歩きにくい。下山道として歩くのはどうかと思う。左の男性は出会った登山者。これから登られる。


9月26日(木)19:49 | トラックバック(0) | コメント(0) | 山歩き | 管理

大和三山(ウォームス下見)9

山頂手前で何か建造物の跡かな、と思って後で調べたら、大阪の住吉大社では毎年2回畝傍山に「埴」を取りに来る神事があって、神事に使う土器を作るため、畝傍山山頂で採取するのだそうだ。山頂には玉垣を巡らせた埴取の場所があって、その場所がここなのだろう。「埴」とは、きめの細かい黄赤色の粘土をそう呼ぶそうな。


こちらが、元あった畝火山口神社の場所なのだろう。聞くところによると、この神社を山頂から現在の位置に遷す時、複数の犠牲者が出たという。


畝火山口神社跡からは金剛生駒山地など、西方向の眺めが得られた。


お二方も展望を堪能されたご様子。


こちらは二上山から竹内峠、平石峠から岩橋山、葛城山へと続く稜線。


9月25日(水)23:41 | トラックバック(0) | コメント(0) | 山歩き | 管理

大和三山(ウォームス下見)8

道標を見て、頂上への登山道を歩く。登山道というより、遊歩道というカンジだが、トラバース気味に歩く。


やがて、分岐となる。右手前への急登と、前進は穏やかな道。


前進は展望が開けた記憶があったので、前進してみたが、樹木が生い茂り展望は利かなかった。それでも、二上山が少しだけ顔を出していた。


分岐へ戻って、急登を歩く。すると、後方から女性の3人連れが登って来られたので、道を譲った。


再び分岐となる。後でわかったが、山頂直下の分岐だった。この後、下山は左方向のイトクの森古墳へと下ったが、今は山頂へ。


9月25日(水)23:14 | トラックバック(0) | コメント(0) | 山歩き | 管理

大和三山(ウォームス下見)7

T氏が涎掛けを外して、眼福地蔵さんを裸にした。


お顔がかなり磨耗されているようだ。


眼福地蔵を後にして前進するが、分岐となる。前進は踏み跡が薄く、最近、歩いた形跡なし、右折は下山道のようだった。後で調べると、右折は、橿原神宮西口駅へと出るらしい。たまたま近くを歩いておられた女性に、山頂への道を尋ねると、眼福地蔵から上へ登るとのことだった。


眼福地蔵まで戻って、お地蔵さんの左に続く踏み跡を登る。


すると、最初の分岐に出てきた。ここから山頂へ。画像のように、畝傍山はご近所の方が散策に歩かれているようだ。大和三山のうち、香具山だけが、まったくこうした人を見なかった。香具山の場合、付近に住宅がないことも影響しているのかもしれない。


9月25日(水)22:21 | トラックバック(0) | コメント(0) | 山歩き | 管理

大和三山(ウォームス下見)6

クロアゲハだろう。蜜を吸っていた。


先程の分岐まで戻ろうとしたが、その手前に別の分岐があったので歩いてみることに。画像は前を歩くお二方。


すると、N氏が思いもしないものを発見した。磨崖文字と呼ぶらしい。南無阿弥陀仏と彫られているようだ。


更に、眼福地蔵の標識があった。


傘をさしておられるお地蔵さん。場所は畝傍山南西の中腹にあたる。


9月25日(水)21:57 | トラックバック(0) | コメント(0) | 山歩き | 管理

大和三山(ウォームス下見)5

畝火山口神社のご由緒。
ご由緒の下り ・・・現在の社殿は昭和十五年皇紀二千六百年祭で橿原神宮・神武天皇陵を見下し神威をけがすということで当局の命により山頂から遷座した皇国史観全盛期の時勢を映した下山遷座であった。



祓戸大神。


陰石(左)と陽石。 子授けの御利益があるという。


拝殿。


拝殿に掲げられていた絵馬。中央がご祭神、神功皇后(気長足姫命=おきながたらしひめのみこと)。


9月25日(水)21:18 | トラックバック(0) | コメント(0) | 山歩き | 管理

大和三山(ウォームス下見)4

森の中になだらかに続く道を、時計回りに歩くと分岐となった。せっかくなので、畝火山口神社へ寄って頂上へ行くことに。近くにおられた方に尋ねると、山頂へはここへ戻ってきてから向うことになるという。


畝火山口神社へは、やや下り道。


すぐに畝火山口神社に到着。


新しいトイレが建っていたので、利用してみた。


ところが、手洗いがないのは、少々不便に感じる。バイオトイレは水を使わない。


9月25日(水)20:38 | トラックバック(0) | コメント(0) | 山歩き | 管理

大和三山(ウォームス下見)3

やがて、左手に畝傍山登山口(東登山道)が見えてくる。


森の中を抜けると、公園のような整備された場所(若桜友苑)に出る。


左折し、東大谷日女命神社(やまとおおたにひめみことじんじゃ)の前を通る。


案内板が設置されていた。


藪蚊が滅法多く、早々に立ち去る。


9月25日(水)19:52 | トラックバック(0) | コメント(0) | 山歩き | 管理

大和三山(ウォームス下見)2

橿原神宮本殿へ南神門から入る。


参拝者の姿をまったく見かけない。
(参考)橿原神宮 初代天皇であると伝えられる神武(じんむ)天皇が、橿原宮で即位したという「日本書紀」の記述に基づき、明治23年(1890)に建てられた。本殿と文華殿は重要文化財に指定されている。(橿原市ホームページより)



畝傍山199.2m。


2013年(巳年)のジャンボ絵馬。これを見ていると、ここで撮影したら、年賀状のデザインに使えそう。来年の絵馬はいつ登場するのかな。


本殿を左に見て進み、北神門から出る。


9月25日(水)19:46 | トラックバック(0) | コメント(0) | 山歩き | 管理

大和三山(ウォームス下見)1

2013年9月22日(日)、Webサイト「石仏の辻」のウォーキングイベントの一つ、「ウォーキング娘」の下見として大和三山を歩いた。日中は30度を越える残暑厳しい中での低山歩きで、特に三山を移動する区間は平地を歩くことになり、木陰もなくアスファルトの道路は照り返しが厳しかった。参加したのは、T氏とN氏、私の3人。

コースタイム
9:00近鉄橿原神宮前駅9:12_9:28橿原神宮_9:34畝傍山登山口_9:36東大谷日女命神社(やまとおおたにひめみことじんじゃ)_9:48頂上分岐_9:54畝火山口神社10:04_分岐_10:10磨崖文字_10:12眼福地蔵10:14_10:18道迷い_10:22眼福地蔵_10:24畝火山口神社分岐_10:34分岐_10:43イトクノモリ古墳分岐(下山道)_10:44畝傍山頂10:50_10:51畝火山口神社分岐_11:06登山口_11:07絆の錨_11:11若桜友苑_11:11イトクの森古墳(池田神社)_11:20橿原体育館前_11:26畝傍御陵前駅東西連絡通路_11:35ホテイアオイ定植農園・本薬師寺跡(昼食)12:20_12:29石仏(釈迦)12:33_12:41飛鳥川を渡る_12:42石仏・庚申12:47_12:55紀寺跡_13:01法然寺前_13:05西井牧場13:17_天岩戸神社_13:23香具山登山道案内標識_13:27香久山登山口_13:28伊弉冊(いざなみ)神社_13:31国立文化財研究所分岐_13:35香具山頂・国常立(くにとこたち)神社_13:42天香山(あまのかぐやま)神社_13:48富士大権現・青面金剛童子他_13:53月の誕生石案内板_13:56矢田型地蔵_14:00月の誕生石_14:12八釣山地蔵尊道標_14:37藤原宮跡_14:44藤原宮跡トイレ_14:48醍醐池_14:55養国寺・春日神社15:06_15:09醍醐町環濠跡_15:10桜井線踏切横断_15:19近鉄大阪線踏切横断_15:25耳成山登山口_15:44耳成山口神社15:50_15:56耳成山頂_16:08耳成山口神社_16:13耳成山登山口・トイレ・休憩16:39_16:52橿原文化会館前_★反省会17:00坐・和民18:42

画像は近鉄菖蒲池駅前、某私大付属小学校の見学会に参加されたご父母の列。時間はまだ8時前だけど、皆さんご熱心でおられます。



集合場所・時間は近鉄橿原神宮前駅・中央改札口9時。駅の時計は8時50分を表示している。菖蒲池駅から丁度、1時間くらい。


3人揃ったところで、挨拶もそこそこにして橿原神宮へ。畝傍山の登山口は神宮の先500mらしい。この画像を見て知った。


駅前通りにはイチョウが植えられていてギンナンが生っていた。


橿原観光ホテルの前を通る。


9月24日(火)21:40 | トラックバック(0) | コメント(0) | 山歩き | 管理

生駒山(堂尾池_北新町)28

味楽座では、タイフェアを開催中で、ポスターに写っているタイ風焼きそば「パッタイ」580円を食べたが、まったく辛くなかった。日本人向けの味付け。


地図は灯籠ゲート付近から味楽座までのGPSログを表示している。おしまい。


9月12日(木)21:14 | トラックバック(0) | コメント(13) | 山歩き | 管理

生駒山(堂尾池_北新町)27

このあたりは勾配が急で、クルマでは入りにくい。ブラブラと坂道を下る。生駒駅はすぐそこだと云うが、私には土地勘がないので、どこが生駒駅なのか、さっぱりわからない。


住宅地の急坂を下る。


右手の空き地の中に、枯木薬師と呼ばれる石仏があるとのことだが、今は柵がしてあって中に入れないようになっていた。そして暫く下ると、右手に枯木薬師堂の案内板を見る。
【参考】Webサイト「石仏の辻」より「枯木薬師坐像」
http://www4.kcn.ne.jp/~sekibutu//1036.html



北新町の住宅地に降り立ってから、15分くらいで生駒駅に到着した。


生駒駅の近くには大手の居酒屋チェーン店がない。いつもの味楽座で1時間半飲み食いをした後、お開きとなった。


9月12日(木)21:13 | トラックバック(0) | コメント(0) | 山歩き | 管理


(197/211ページ)
最初 193 194 195 196 >197< 198 199 200 201 202 最後