山歩きの記録+etc
 
近畿の山歩きやウォーキングの記録
 


山歩き

七三峠_鍋蓋山_洞川梅林_神戸富士35

痛々しいので木の根を踏まないようにして歩いた。


登山道は大きく下る。


滑落注意。


堰堤の向こうに未舗装の車道が見える。


車道は二本松林道。


4月17日(火)18:20 | トラックバック(0) | コメント(0) | 山歩き | 管理

七三峠_鍋蓋山_洞川梅林_神戸富士34

再度ドライブウェーを左下に見ながら歩く。
登山道は再度山ドライブウェーと部分的に接近しているところもある。



穏やかな傾斜の登山道。
歩いて気持ちがよい。



倒木。
ここは下へ回り込む。



二本松・新神戸駅2.7km方面へ向かう。


地面の土が侵食され木の根が地表に出ている。


4月17日(火)18:16 | トラックバック(0) | コメント(0) | 山歩き | 管理

七三峠_鍋蓋山_洞川梅林_神戸富士33

石碑には「毎日登山発祥の地 善助茶屋跡」と彫られている。
六甲山系には毎日登山の会が各地(高取山、旗振山など)にあるが、ここ再度山が発祥の地。



周辺のハイキング地図。
この地図は右が北。
現在地から大師道分岐を右に見送り、再度ドライブウェーと平行するハイキング道を歩く。
二本松で再度ドライブウェーに出合い、堂徳山、城山分岐を見送って、この地図には表示のない天神谷東尾根を下る。



大師道分岐を右に見送って、二本松1km 新神戸駅3km 方面へ直進。


土留(どどめ)と呼ばれる自然石の擁壁。


下山だが、歩くスピードが早く、暑いくらい。
前方を歩くTさんが上着を脱いだ。



4月17日(火)18:13 | トラックバック(0) | コメント(0) | 山歩き | 管理

七三峠_鍋蓋山_洞川梅林_神戸富士32

分岐を右へ。


善助茶屋跡を示す道標。


KWSシーダーカテジ跡
(神戸徒歩会休憩所跡)
神戸徒歩会は、明治43年7月に誕生した日本人最初の登山会で、この広場周辺にあるスギにちなんで、その休憩所をシーダーカテジ(Cedar Cottage)と名付けた。神戸市

説明板を読んでもイマイチよくわからず、考え込んでしまう。
“KW”は神戸 ウォーキングの略と思われるが“S”はハテ?サークルの“C”でもない。
“シーダー”はマツ科ヒマラヤスギ属の植物の総称。 シーザー=スギという意味。
“カテジ”はコテージのこと。



歩きよい道が続く。


自然石の階段。右手前に東屋。
そしてその前方に石碑らしきものが見えた。



4月17日(火)18:09 | トラックバック(0) | コメント(0) | 山歩き | 管理

七三峠_鍋蓋山_洞川梅林_神戸富士31

続いて西国三十三ヶ所観音霊場の石仏が祀られている。


仁王門を潜る。


石の階段を下る。


この先、分岐。
舗装道を左下に見送り、右にカーブしている地道を歩く。

それにしても先頭グループはいつも同じメンバー。



舗装道を下るとバス停。これを見送って右折。


4月15日(日)18:02 | トラックバック(0) | コメント(0) | 山歩き | 管理

七三峠_鍋蓋山_洞川梅林_神戸富士30

奥之院、大師堂を振り返って正面から撮影。


尚も四国八十八ヶ所霊場巡りの石祠が続く。
下の石祠は屋根の部分が崩れ落ちている。
修復される見込みもない。



お参りする人が少ないようで、道も荒れている。
四国八十八ヶ所霊場巡りの石祠は、百年近く前に建立されているので、当然と云えば当然だが。



コンクリート道が現れ、これを下る。


石畳の参詣道。
四国八十八ヶ所霊場巡りの石祠が続く。



4月15日(日)17:58 | トラックバック(0) | コメント(0) | 山歩き | 管理

七三峠_鍋蓋山_洞川梅林_神戸富士29

大竜寺の奥之院、四国八十八ヶ所霊場巡りの石祠が現れる。
この石祠、昭和五年建立だが、とても88年前のものとは思えない。もっと新しく見える。



向かって左が弘法大師像。右は第五十八番仙遊寺(せんゆうじ)の千手観世音菩薩像。


第五十八番、第五十七番と続く。


山から清水が湧き出ているようなので泉だが、ここまで手を加えると井戸に見えてしまう。


奥之院、大師堂に到着。


4月15日(日)17:55 | トラックバック(0) | コメント(0) | 山歩き | 管理

芍薬甘草湯_和漢箋 ツラレス

登山途中に、急に足に痙攣(けいれん)が起こり、動けなくなることがたまにある。
過去に、ふくらはぎの痙攣は数え切れないくらい。
足裏の痙攣は一回だけ経験した。

そんな時に即効薬がある。
「芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)」というもので、漢方の原典である「傷寒論(しょうかんろん)」に記載されている漢方薬。
急激におこる筋肉のけいれんを伴う疼痛や、「下肢のけいれん性疼痛(こむらがえり)」、「胃腸の激しい痛み」等に用いられている。

一般的には「ツムラ 68」という商品が知られているが、同じ成分でロート製薬が「和漢箋 ツラレス」の名称で発売している。
この類の薬は、いざという時のために備えておきたいものだ。



4月15日(日)17:51 | トラックバック(0) | コメント(2) | 山歩き | 管理

(続き)芦屋川_東お多福山_住吉道_八幡谷

野仏。
もしかするとこの石仏は片割れなのかもしれない。
左半分があったとしてもおかしくない。



山ノ神。
八幡谷にて。



涎掛けを見てお地蔵さんかと思ったが、よく観ると石人だった。


八幡谷周辺附近 ハイキングコース案内図。
この地図には記載がないが、地図右上の「至・芦有ゲート」から東お多福山へ向かった。
地図中央上の「雨ヶ峠」から「住吉道」へ移り、「出合」から「打越峠」、「山の神」を経て「八幡谷」を下って現在地にいる。
この後、岡本八幡神社前を通って14時5分阪急岡本駅へゴールした。



4月14日(土)20:04 | トラックバック(0) | コメント(0) | 山歩き | 管理

芦屋川_東お多福山_住吉道_八幡谷

【2017_10_25~2018_02_14の記録】

2018年1月14日(日)は、山を登る会の第981回例会に単独で参加した。
山域は六甲山系。

阪急芦屋川駅から芦屋川の右岸を登る。
鷹尾山分岐を経て、ナマズ石、弁天岩を見て芦屋川の左岸へ移った。
ここから芦屋ゲートまで、今はあまり歩かれていない旧登山道を辿る。

芦屋C.C.分岐を左に見送り、引き続き芦屋川に沿って歩く。
東おたふく山登山口バス停前から、土樋割峠(どびわりとうげ)の手前分岐へ出て、東おたふく山頂で昼食。

食後は雨ヶ峠へ。
ここから住吉川に沿って続く住吉道は初めて歩くコース。
住吉川の源流部では一部の登山道が凍結しており、アイゼンなしでは歩くことが出来ないほど。
アイゼンは持参していたが、少しの区間だったので、凍結した登山道を避けて下った。

黒五山分岐を見送り、打越峠へ出る。
打越山、七兵衛山分岐を見送り山ノ神へ。
八幡谷を下って岡本八幡神社前を通り、阪急岡本駅にゴールした。

リーダーは六甲山地に詳しいA氏。参加者82名。

コース
8:49阪急芦屋川駅9:16_<芦屋川右岸>_道標(城山 鷹尾山を経て荒地山へ)_道標(荒地山分岐を左に見送り 弁天岩方面へ右折)_ベンチ・分岐を右に見送り引き続き芦屋川の右岸に沿って登る_送電線鉄塔_宝泉水_道アゼ谷堰堤_分岐を右_ナマズ石_弁天岩_芦有ドライブウェーに沿って歩く_車道から離れ右折して石の階段を登る(関電巡視路 火の用心 新神戸No.43の標柱)_ここまでの進行方向とは逆方向(南)に歩く_見過ごしやすい分岐で左後方への自然石の階段を登る_谷を遡上し渡渉_八幡谷を渡渉_右の擁壁に沿って歩く_分岐で左へ下る(直進は芦屋森の会保全活動地)_石仏谷を渡渉せず石仏谷に沿って左岸を下る_車道出合い右折_芦有(ろゆう)ドライブウェイ芦屋ゲートを右に見送り側道を下る_芦屋川むら玄(そば屋)前_分岐で芦屋C.C.方面への直進を見送り東お多福山方面へ右折_<芦屋川に沿って歩く>_道標(東お多福山バス停方面へ)_芦屋川に架かる橋を渡る_堰堤_東おたふく山登山口バス停前_分岐で東おたふく山ハイキングコース道へ左折_分岐で住宅地を左に見送り右折_一般通行止(クルマ)の鎖を跨ぐ_分岐で東お多福山へ1.0kmを左に見送り土樋割峠方面へ直進_蛇谷第二砂防ダム_土樋割峠(どびわりとうげ)手前分岐・東お多福山山頂35分へ左折_11:43東お多福山山頂・昼食12:13_四等三角点 621.31m 点名:雨ヶ峠_雨ヶ峠・魚屋道 芦屋方面を左に見送り 住吉川方面へ直進_住吉谷出合・道標(五助ダム3km 住吉6km 御影7km方面へ左折)_道標(六甲最高峰3.0km JR住吉駅6.0kmへ)_案内板(この先20m 1938年阪神大水害で流された道標あり)_道標(←住吉・御影 住吉道)_道標(→五助ダム1km 住吉4km 御影5km)_道標(六甲山頂上ニ至ル 大阪毎日×)_道標(五助ダム・住吉駅分岐を見送り 黒五谷・打越峠へ左折)_道標(←芦屋ゴルフ場分岐を左に見送り 住吉道 打越峠を経て阪急岡本へ)_黒五谷を渡渉_打越峠・打越山 住吉谷 横池 風吹岩 芦屋方面を見送り 八幡谷・阪急岡本へ_野仏_山ノ神_道標(JR本山駅)_八幡滝第二堰堤_道標(八幡谷 至 東灘区岡本町方面)_石人(一対)_八幡谷周辺附近 ハイキングコース案内図_道標(阪急岡本1.0kmへ)_岡本八幡神社前_モンロワール岡本本店(洋菓子)_14:05阪急岡本駅。

歩行距離約19km。(自宅~最寄り駅往復約2.7km含む)
歩数2万7千歩

画像は阪急芦屋川駅から岡本駅まで、この日歩いたコースのGPSログを表示している。



土樋割峠(どびわりとうげ)の手前分岐から、東おたふく山頂を目指す。
北側斜面なので、登山道には積雪がみられた。



住吉川源流部。
山から流れ出る水がカチカチに凍結しており、登山道を避けて下る。



石畳の道とはここでお別れ。
左折して黒五谷・打越峠へ向かう。



4月14日(土)20:01 | トラックバック(0) | コメント(0) | 山歩き | 管理

天王山から光秀軍陣地跡を辿る

2018年4月11日(水)は、阪急ハイキング、ウイークデーシリーズに単独で参加した。
コースは北摂の天王山周辺。
題して『山崎の合戦 古戦場をゆく! 旗立松・天王山から光秀軍陣地跡をたどる』。

<ポイント>
・天王山、旗立松は何回か訪れたことがあるが、古戦場がどのあたりだったのか、私自身はよくわかっていない。
天王山の山中で、天下分け目の戦いがあったのだと思っていた。
ところが、そうではなく、平野部や河原が主戦場だった。
今回は明智光秀の陣地跡を辿るハイキングとなっており、光秀の陣地がどのあたりにあったのか興味深かった。
光秀の陣地跡…サントリービール京都ブルワリー(工場)の南。現:乙訓郡大山崎町下植野境野、下植野団地集会所前。(34.909686,135.6956048)

・天王山の山名は、“天下分け目の戦い”だったから、“天を征する戦いの山”ぐらいに思っていた。
ところが、そうではなく、山腹に牛頭天王(ごずてんのう)を祀る山崎天王社(現 自玉手祭来酒解神社)があることに由来している。
ちなみに牛頭天王は日本における神仏習合(神道と仏教の習合)の神。

<その他>
・山を登る会の会長、T氏が一般参加されていた。電鉄会社などが主催するハイキングイベントで彼と顔を会わすことが時々ある。
・先週の日曜日(妙見山周辺)に続き、この日もコバノミツバツツジが見頃。
・平日にも関わらず477名と参加者多数。

<コース>
JR山崎駅9:36_9:44宝積寺(別名:宝寺)・集合9:58_青木葉谷広場前_分岐道標・観音寺(山崎聖天)0.5km方面を右に見送る_旗立松展望台_分岐道標・十七烈士の墓を左に見送る_三社宮_酒解神社_分岐道標・小倉神社 柳谷方面を右に見送る_天王山山頂270.4m_分岐道標・円明教寺方面を右に見送る_分岐道標・奥の山展望広場方面を右に見送る_分岐道標・十方山(じっぽうやま) 水無瀬の滝方面を左に見送る_分岐道標・柳谷 金ヶ原1.3kmを左に見送り 小倉神社1.0km方面へ右折_小倉神社_阪急京都線の高架下を潜る_東海道本線の高架下を潜る_円明寺バス停前_11:23天王山夢ほたる公園・昼食11:49_<歩道橋を渡る>_大山崎中学校前_町立第3保育所前_明智光秀本陣跡・説明板(境野一号墳と明智光秀本陣跡)_国史跡 恵解山古墳(いげのやまこふん)_立命館中・高等学校前_長岡第三中学前_長岡第八小学前_犬川に架かる橋を渡る_勝竜寺城公園_東海道本線の高架下を潜る_長岡京市立神足(こうたり)ふれあい町屋前_神足石仏群分岐を左に見送り直進_12:32阪急長岡天神駅(ゴール)_12:45JR長岡京駅

歩行距離約10km。参加者477人。

実歩行距離約16km。(自宅~最寄り駅往復約2.7km等を含む)
歩数2万2千歩

画像はこの日歩いたJR山崎駅からゴールの阪急長岡天神駅経由、JR長岡京駅までのGPSログを表示。



満開のコバノミツバツツジ。
天王山北尾根、奥の山展望広場付近にて。



明智光秀本陣跡。
現:乙訓郡大山崎町下植野境野、下植野団地集会所前。(34.909686,135.6956048)



国史跡 恵解山古墳(いげのやまこふん)。

恵解山古墳(いげのやまこふん)の概要

Google マップ



「明智光秀公三女玉お輿入れの城」の石碑が立つ勝竜寺城公園。

“細川忠興・ガラシャ夫妻ゆかりの城!”



4月12日(木)18:14 | トラックバック(0) | コメント(0) | 山歩き | 管理

七三峠_鍋蓋山_洞川梅林_神戸富士28

岩場を慎重に降りる。


フィックスロープが現れる。
下りも上り以上に険しい。



どうやら、こちらの道が山頂への正面ルートらしい。


「この奥 天狗岩 亀の石 山頂」と記されている。


そして「貴姫大御神」が祀られていた。
あまり聞いたことがない神様だが…。



4月11日(水)19:01 | トラックバック(0) | コメント(0) | 山歩き | 管理

七三峠_鍋蓋山_洞川梅林_神戸富士27

私製の山名板。標高470m。

山名の由来 弘法大師(空海)が延暦23年(804年)に入唐するに当たって、船旅の無事と学問成就を念じてこの山(当時「摩尼山」と呼ばれていた)に参詣した。
唐から戻った際、無事帰国できたことを感謝すべく、再び(再度)登山し修行した。この伝説に由来するといわれる。

再度山 - Wikipedia



山頂はご覧の通りで展望はない。


下山を開始するといきなりの急坂。
しかも岩場。慎重に下る。



岩の上に亀の形をしたものが見える。
伝承によると、空海が彫刻したとされる。

六甲山の不思議に迫る



磐座?の下から亀を見上げる。
亀の首が見える。
その下に梵字らしきものが彫られていた。



4月11日(水)18:56 | トラックバック(0) | コメント(0) | 山歩き | 管理

七三峠_鍋蓋山_洞川梅林_神戸富士26

山道に取り付くと、すぐに石柱が現れる。
石柱には「神戸市界 / 明治三十三年建之 / 七十七号」と刻まれているらしい。
昔の市界石標らしい。



最初は緩やかな登山道だが、すぐに急登となる。


フィックスロープが現れる。
少しの区間だが、ここまで十分歩いて来て、しかも食後なのでキツイ。



登山道は平坦になり、周りには潅木が生い茂っている。


再度山頂上に到着。別名:神戸富士。
分岐から登り始めて僅かに6分。(11:58→12:04)



4月11日(水)18:49 | トラックバック(0) | コメント(0) | 山歩き | 管理

秋葉山_妙見山_野間の大欅_出野山

2018年4月8日(日)は山を登る会の例会に参加。
山域は北摂の妙見山周辺。

<ポイント>
・貴重な桜の野生種エドヒガンの群生地を訪れるのが目当てだったが、生憎、出野山の群生地では花が終わっていた。
・上杉尾根付近では遠目で見えたエドヒガンorヤマザクラがほぼ満開。
・国指定天然記念物、野間の大欅(ケヤキ)は一見の価値あり。(推定樹齢1千年)
・台場クヌギ林と呼ばれるこの地方(川西市黒川)独自の里山風景が印象的。

<その他>
・秋葉山へのルートは踏み跡薄くバリエーションルート。
・妙見宮(妙見山)駐車場付近ではソメイヨシノと八重桜(牡丹桜)が満開。
・能勢町けやき資料館では枝垂桜が見頃。
・コバノミツバツツジの花があちこちで見られた。
・「阿弥陀 六地蔵磨崖仏(永禄七年(1564))と「地蔵一尊種子自然石板碑(暦応(りゃくおう)四年(1341)」は、時間の都合でゆっくり観ることができず残念。
・健脚M&Mコンビは吉川八幡神社手前から高代寺山へ向かった。

<コース>
9:05能勢電鉄ときわ台駅9:48_能勢電鉄吉川踏切を横断_秋葉山349m_444m峰(四等三角点 443.96m 点名:吉川)_上杉尾根出合_上杉尾根8(緊急通報ポイント)_上杉尾根11・分岐(台場クヌギ林 行止りを左に見送り直進)_上杉尾根14・分岐(アカマツ林 行止りを左に見送り直進)_妙見山 山上駐車場_妙見山(四等三角点 660.06m 点名:妙見山)_本瀧寺前_急階段_車道出合_妙見奥之院分岐を右に見送り直進_阿弥陀 六地蔵磨崖仏(永禄七年(1564))・力石_地蔵一尊種子自然石板碑(暦応(りゃくおう)四年(1341))_野間中(交差点)_12:00野間の大ケヤキ・けやき資料館・昼食12:26_野間川に架かるありなし橋を渡る_分岐道標(←黒川桜の森 1.3km)・ありなしの道_太陽光発電パネル_道標(←黒川桜の森 0.8km)_案内板(ビュースポット)_道標(←黒川桜の森 0.3km)_出野山(しゅつのやま 四等三角点 366.16m 点名:出野)_黒川桜の森_フィックスロープ_ケルン_道標(←黒川公民館・企業の森へ)_案内板(これより桜の森 振り返って撮影)_チュチュアンナの森(企業の森)・展望地_獣避けの柵を開閉_案内板(根回し作業中の台場クヌギです)_石仏群_窯_黒川公民館(黒川小学校・休校中)_徳林寺分岐_北摂里山街道_妙見ケーブル黒川駅分岐を左に見送って直進_分岐道標(妙見山稜線(上杉尾根)コースを左に見送り 妙見口駅方面へ右折)_道標(是ヨリ 御山二十二丁 妙正講 河本何某)・舗装道路から山道に取り付く_高代寺山分岐を右に見送って直進_吉川八幡神社前_廃屋_<花折街道>_13:43能勢電鉄妙見口駅

コース歩行距離 約16km。
参加者85名。リーダーT氏。

実歩行距離約20km。(自宅~最寄り駅往復約2.7km等を含む)
歩数2万9千歩

画像は能勢電鉄ときわ台駅から妙見口駅までのGPSログを表示。



エドヒガンorヤマザクラ。吉野山を彷彿させる光景。
444m峰から上杉尾根出合までの尾根筋にて。



「阿弥陀 六地蔵磨崖仏」室町時代、永禄七年(一五六四)。
豊能郡能勢町野間中にて。



野間の大ケヤキ。(推定樹齢1千年)
豊能郡能勢町野間中にて。



ソメイヨシノ(画像左)とエドヒガン(右)樹皮の比較。
ソメイヨシノ…樹皮には横筋が入っている。
エドヒガン…樹皮に縦筋が走っている。
※ソメイヨシノはオオシマザクラとエドヒガンの人工交配によって作られたクローン種。



4月10日(火)19:13 | トラックバック(0) | コメント(0) | 山歩き | 管理


(9/198ページ)
最初 5 6 7 8 >9< 10 11 12 13 14 最後