山歩きの記録+etc
 
近畿の山歩きやウォーキングの記録
 


Show by Dec/5/2021

バッハ チェンバロ協奏曲(BWV 1052) イヴェタ・アプカルナ

バッハ チェンバロ協奏曲(BWV 1052) イヴェタ・アプカルナを視聴してみよう。
チェンバロ協奏曲第1番 ニ短調 BWV1052
Iveta Apkalna

J. S. Bach: Konzert d-Moll BWV 1052 für Orgel ∙ hr-Sinfonieorchester ∙ Apkalna ∙ Minasi
第1楽章 アレグロ ニ短調、2分の2拍子。
第2楽章 アダージョ ト短調、4分の3拍子。
第3楽章 アレグロ ニ短調、4分の3拍子。
...........
ミュージシャン:
[オルガン]イヴェタ・アプカルナ
[指揮]リッカルド・ミナーシ
フランクフルト交響楽団
録音:フランクフルト、2020年2月21日


【参考】
バッハ チェンバロ協奏曲(BWV 1052) ベアトリーチェ・ラナ
http://okanara6310843.btblog.jp/cm/kulSc64fD61654088/1/



Nov.5(Fri)17:11 | Trackback(0) | Comment(0) | 音楽 | Admin

No.10四季の森公園_高山竹林園_法楽寺

暫く歩くと集落に出る。


舗装されているが、古道らしく曲がりくねっている道路。


比較的クルマの通行量の多い県道72号生駒精華線に出て横断歩道を渡る。


これも渋柿だろう。


田んぼの畦道まがいを歩く。
この先、右折して直進。

つづく。



Nov.5(Fri)05:08 | Trackback(0) | Comment(0) | ウォーキング・散策 | Admin

No.9四季の森公園_高山竹林園_法楽寺

やがて車道から離れ未舗装の道を歩く。
私は高山地区はほとんど歩いたことがない。
土地勘もなく、どのあたりを歩いているのかまったく見当がつかない。
北方向に歩いているのは確かだが。



雑木林に囲まれた中に畑や田んぼがある。
正面に大きな柿の木が見えた。



近寄ってみると、木は大きいが、生っている実は貧弱でおそらく渋柿だろう。


雑木林の中に続く山道を歩く。


獣害対策として小動物を捕獲する箱罠が置いてあった。

つづく。



Nov.5(Fri)05:06 | Trackback(0) | Comment(0) | ウォーキング・散策 | Admin

No.8四季の森公園_高山竹林園_法楽寺

傾斜になった法面に腰を降ろして小休止。


井戸らしきがあったので立ち寄ってみた。
「南共同井戸」と記されている。

すると、軽トラに乗った男性が現れ、私たちに話しかけてきた。
ハイカーが珍しいのだろう、「どこから来たのか、何処へ行くのか」と云ったお決まりの会話。

彼によると、この井戸は現在、飲み水としては使っていないという。
野菜を洗ったりする時に使う。
この近くにも井戸があるが、同じく今は飲み水としては使われていないそうだ。



再び歩き出す。
丘陵地を利用して家屋が建っている。
今だと整地して、クルマが駐車しやすいようにバリアフリーにするのでは。



「生駒市道7号線」の表示板があった。


暫く歩くと久保自治会の掲示板。

つづく。



Nov.5(Fri)05:04 | Trackback(0) | Comment(0) | ウォーキング・散策 | Admin


(1/1page)