山歩きの記録+etc
 
近畿の山歩きやウォーキングの記録
 


Show by Dec/2020

No.21金剛山(香楠荘尾根_寺谷)

三叉路に立つ道標。
先週と較べると積雪が多く、文字が読みづらくなっている。



一ノ鳥居を潜る。
前方に幼児を連れた親子連れらしき姿が見えた。
金剛山では保育園児が遠足?で登っていることがある。
小学校低学年でもきついと思うが保育園児とは驚く。



この日は先週より積雪が多く、これから歩く葛木神社の参道は凍結している恐れがある。


この付近は地道で傾斜が緩やかなので凍結→スリップの恐れはない。
ソロリソロリと足を運ぶ。



大和葛城山が遠望出来る場所に到着。

つづく。



Nov.7(Sat)06:20 | Trackback(0) | Comment(0) | 山歩き | Admin

No.20金剛山(香楠荘尾根_寺谷)

分岐で湧出岳山頂(1,112.2m 一等三角点)を右に見送り、左折して引き続きダイトレを歩く。
案内板によると、ダイトレを歩く距離は残り0.6km 20分。
湧出岳山頂付近にはカタクリが見られる。
開花する頃にはまた訪れてみたい。



穏やかな日が差す、ポカポカ陽気の道を歩く。


大阪府勤労者山岳連盟が設置したダイトレの道標。
特に道標が必要となるような迷いそうなところでもないが。



こちらはかなり詳しい道標。
香楠荘付近からここへ来た。
売店0.7km方面へ歩く。



この先、三叉路。
コースは左折して一ノ鳥居を潜る。
三叉路からダイトレを離れる。

つづく。



Nov.7(Sat)06:17 | Trackback(0) | Comment(0) | 山歩き | Admin

No.8The Rolling Stones Between The But

No.8The Rolling Stones Between The Buttonsを視聴してみよう。
ビトウィーン・ザ・バトンズ

The Rolling Stones - Between The Buttons (UK)
1.イエスタデイズ・ペイパー - Yesterday's Papers 2:04
2.マイ・オブセッション - My Obsession 3:17
3.バック・ストリート・ガール - Back Street Girl 3:27
4.コネクション - Connection 2:08
5.甘いほほえみ - She Smiled Sweetly 2:44
6.クール・カーム・アンド・コレクテッド - Cool, Calm and Collected 4:17
7.オール・ソールド・アウト - All Sold Out 2:17
8.プリーズ・ゴー・ホーム - Please Go Home 3:17
9.眠りの少女 - Who's Been Sleeping Here? 3:55
10.コンプリケイティッド - Complicated 3:15
11.ミス・アマンダ・ジョーンズ - Miss Amanda Jones 2:47
12.昨日の出来事 - Something Happened to Me Yesterday 4:55


【過去にアップしたThe Rolling Stones】
No.7The Rolling Stones Sticky Fingers
http://okanara6310843.btblog.jp/cm/kulSc61Rl5F3E3231/1/
No.6The Rolling Stones Beggars Banquet 
http://okanara6310843.btblog.jp/cm/kulSc61u95F3CE1F4/1/
No.5The Rolling Stones Exile on Main St.
http://okanara6310843.btblog.jp/cm/kulSc61Zz5F3BC5E9/1/
No.4The Rolling Stones Let It Bleed
http://okanara6310843.btblog.jp/cm/kulSc61Hf5EF2BED9/1/
No.3The Rolling Stones 12 x 5
http://okanara6310843.btblog.jp/cm/kulSc61Mp5EDAC665/1/
No.2The Rolling Stones
http://okanara6310843.btblog.jp/cm/kulSc60db5E60D4FF/1/
The Rolling Stones
http://okanara6310843.btblog.jp/cm/kulSc5eYL5D4B6D2D/1/



Nov.6(Fri)18:03 | Trackback(0) | Comment(0) | 音楽 | Admin

No.19金剛山(香楠荘尾根_寺谷)

展望台へは、一旦、左方向へ引き返すようなイメージで歩く。


展望台へ立ち寄るのは久しぶり。
2019年2月下旬から金剛山に登り出してからは初となる。



展望台からは360度パノラマの展望が得られる。
この日は快晴で見通しが良かった。
画像は北方面。
湧出岳1,112mに建つ電波塔が数基見える。(右)
左のピークは葛木岳1,125mだろう。
尚、金剛山という山名のピークはない。



こちらは南方面、南葛城山922m、岩湧山897m、和泉葛城山866mなどが遠望出来た。


展望台を後にして、いつもの山頂広場方面へ向う。

つづく。



Nov.6(Fri)05:45 | Trackback(0) | Comment(0) | 山歩き | Admin

No.18金剛山(香楠荘尾根_寺谷)

やがてダイトレに出合い左折。(北)


分岐に立つ道標。
金剛山頂(展望台経由)方面へ向う。



登山道脇に立つダイトレの道標。(右)


日の当たらないところは雪が融けにくい。


分岐。
コースは直進だが左折して展望台へ立ち寄ってみる。

つづく。



Nov.6(Fri)05:41 | Trackback(0) | Comment(0) | 山歩き | Admin

No.17金剛山(香楠荘尾根_寺谷)

香楠荘を後にしてピクニック広場方面へ向う。
右手前方にベンチが置かれている。



左に、ちはや園地休憩所の建物が見える。


建物の屋根に氷柱。
こんな景色を見るのは久しぶり。



右手にピクニック広場が現れるが、このような時期なので誰もいない。


ちはや園地休憩所入口を左に見て道なりに進む。
ちはや園地

つづく。



Nov.6(Fri)05:36 | Trackback(0) | Comment(0) | 山歩き | Admin

ジャジューカ

ジャジューカを視聴してみよう。
ジャジューカ
Brian Jones Presents the Pipes of Pan at Joujouka

Brian Jones - The Pipes Of Pan At Joujouka (FULL ALBUM)
1.55 - 55 ("Hamsa oua Hamsine)
2.戦いの時 - War Song/Standing + "One Half (Kaim Oua Nos)"
3.テイク・ミー・ウィズ・ユー - Take Me with You Darling, Take Me with You (Dinimaak A Habibi Dinimaak)
4.幻惑の瞳 - Your Eyes Are Like a Cup of Tea (Al Yunic Sharbouni Ate)
5.コーリング・アウト - I Am Calling Out (L'Afta)
6.幻惑の時 (ウィズ・フルート) - Your Eyes Are Like a Cup of Tea
...................................
Recorded:29 July 1968, Jajouka, Morocco



Nov.5(Thu)18:33 | Trackback(0) | Comment(0) | 音楽 | Admin

No.16金剛山(香楠荘尾根_寺谷)

三叉路を右折。
すると右手に建物が現れる。



左手に道標が立つ。
金剛山駅の方向からここへ来た。
ピクニック広場方面へ向う。



右手の建物は千早赤阪村営の香楠荘。


正面入口から館に入ろうとしたら左に張り紙が。


8月末日まで営業していたらしい。
“一旦休館”とあるが、山頂駅の耐震設備の問題もあって、早々に再開するのは難しいようだ。

つづく。



Nov.5(Thu)05:01 | Trackback(0) | Comment(0) | 山歩き | Admin

No.15金剛山(香楠荘尾根_寺谷)

植物採取禁止の看板。


この先、カラーコーンが置かれているのが見える。


分岐になっており、私達が歩いて来た方向には、立入禁止の柵とコーンが置かれている。
立入禁止の柵を跨ぐ。



分岐は三叉路になっている。
道標によると、ここまで歩いて来た遊歩道は「しゃくなげの路」と記され、金剛山駅までの距離0.5km。



三叉路の左折方向は、これも金剛山駅へ向うようだ。
そして、ここも通行止の柵と張り紙。

つづく。



Nov.5(Thu)04:58 | Trackback(0) | Comment(0) | 山歩き | Admin

No.14金剛山(香楠荘尾根_寺谷)

この時、上の道から男性が現れた。
長靴を履いていたので、登山者ではなく山頂に幾つかある施設の関係者だろう。

彼に山頂広場(いつもの昼食場所)への道を尋ねたら、下の道は通行不可だと云われた。
なので、遠回りになるが上の道を歩くことにした。

彼は下の道を歩いて去った。
(画像)



暫く歩くと、何かの仕掛けのようなものがあったので近づいてみた。
野生動物撮影中のカメラで、盗難防止用の鍵が掛けてある。



進行方向の左に山頂駅がだんだんと見えてくる。
その向こうのピークが山頂広場の方向だろう。
ここからだと多少距離がある。



この辺り、遊歩道には立派な塀が設置されていた。


山頂駅の建物が明確に見え出した。

つづく。



Nov.5(Thu)04:55 | Trackback(0) | Comment(0) | 山歩き | Admin

No.4辻井伸行

No.4辻井伸行を視聴してみよう。
辻井伸行

【過去にアップした辻井伸行】
No.3辻井伸行
http://okanara6310843.btblog.jp/cm/kulSc61eg5EFC5B98/1/
No.2辻井伸行
http://okanara6310843.btblog.jp/cm/kulSc61Ml5EFB0541/1/
辻井伸行
http://okanara6310843.btblog.jp/cm/kulSc5fc45E2EC85E/1/

No.4辻井伸行
辻井伸行×ドイツ ピアノ協奏曲第1番 リスト



Nov.4(Wed)17:34 | Trackback(0) | Comment(0) | 音楽 | Admin

No.13金剛山(香楠荘尾根_寺谷)

直進にも踏み跡が続くようだが、ここは左折して遊歩道らしきところへ向う。
画像は直進方向。



この先で遊歩道に入る。


遊歩道を歩いている限り、今歩いている踏み跡はわかりにくいかもしれない。


丁度、遊歩道の九十九折りの折り返し地点に出た。
下の道は山頂駅(金剛山駅)へ向うものだろう。
上の道は香楠荘を経てダイトレに出るとみられる。

いつもの山頂広場に行くには下の道を歩く方が近回りだ。



左下、樹木の向こう側に大きな建物が見えたので山頂駅だと直感した。

つづく。



Nov.4(Wed)06:10 | Trackback(0) | Comment(0) | 山歩き | Admin

No.12金剛山(香楠荘尾根_寺谷)

ストックを使って転倒に注意しながら登る。
アイゼンは装着せず。



この先で植林帯が終わるようだ。


登山道の左側にも送電線らしきが見えた。


電柱が現れたので送電線に違いないだろう。
香楠荘への送電線かもしれない。



左方向に踏み跡があって、その先に遊歩道らしきが見えた。

つづく。



Nov.4(Wed)06:07 | Trackback(0) | Comment(0) | 山歩き | Admin

No.11金剛山(香楠荘尾根_寺谷)

関係者以外立入禁止のエリアに立つ鉄塔。
送電線鉄塔かもしれない。



前方に先ほどの単独行の男性がいた。
彼も休憩していたのかもしれない。



送電線鉄塔に見える。


傾斜が急で、木の幹などを掴めないので、転倒に注意して登る。


おっと、誰かが作ったようだ。
ホッコリとした気分になれた。

つづく。



Nov.4(Wed)06:04 | Trackback(0) | Comment(0) | 山歩き | Admin

ブラームス ヴァイオリン協奏曲

ブラームス ヴァイオリン協奏曲を視聴してみよう。
ヨハネス・ブラームス
ヴァイオリン協奏曲 (ブラームス)
ジネット・ヌヴー
Ginette Neveu

ブラームス ヴァイオリン協奏曲ニ長調 Op 77 Vnジネット・ヌヴー 指揮ハンス・シュミット=イッセルシュテット 北ドイツ放送交響楽団北西ドイツ放送交響楽団
1948年5月3日録音



Nov.3(Tue)17:20 | Trackback(0) | Comment(0) | 音楽 | Admin


(7/8page)
Top 1 2 3 4 5 6 >7< 8 End